様々な理由から転職を考えることも珍しくはありません。
しかしその一方で、現職の良さや改善にも目を向けておく必要があります。

その理由として、年齢やこれまでの経験などを踏まえることで納得できる転職が見つかるからです。
転職を成功させるためには、どんなことに注意が必要となるのでしょうか。
ポイントを押さえながら秘訣を探ってみましょう。



異業種・同職種の転職、または同業種・異職種の転職はどう?

転職の女神 長女 転職の女神 長女

これまでの経験やキャリアは、年齢を重ねたことで得た大切な財産です。
そして、転職を成功させる意味でも、自分の経験やキャリアを印象的にアピールすることが重要になってきます。

異業種・同職種や同業種・異職種というのは現職の業界から見れば、経験やキャリアを生かしつつ転職動機の面でもアピールしやすい関係となる転職先です。

  • 例えば、異職種・同職種というのは、現職と同じような仕事でありながら業界が異なっているので、今までの経験をベースに転職した業界に合わせることで順応が出来ます。

  • また同業種・異職種であれば、現職の時に何らかの形で見聞きしていた職務になるために、この場合にも比較的、対応がしやすいはずです。

その意味では、異業種・同職種や同業種・異職種という関係先は、転職する側にとっても採用する側にとってもリスクが少なく成立しやすい良好なケースです。



転職では、経験やキャリアに加えてその動機が重要で、例えば同業種・同職種になってしまうと、現職での不満は転職先でも該当する可能性があり、採用する会社にとっては慎重になってしまうからです。

もっとも異業種・同職種や同業種・異職種なら転職も成功が間違いなしなのかと楽観視するのではなく、現職での実績内容や年齢などを踏まえて判断されることに変わりはないでしょう。

採用する会社にすれば、ある程度の年齢に達していると職種経験に加えて色々な知識や技術が備わっていると即戦力の期待があります。
年齢に応じた知識や経験がないと、転職を成功させることは出来ません。

異業種・異職種の転職が1番難しい?

キャリアや経験が転職では重要なだけに、異業種・異職種となるケースではアピールの糸口が見つけにくいかも知れません。
そのままでは、年齢を重ねただけの評価になり、思っているような成果を得られないかもこともあるでしょう。

転職の女神 長女 転職の女神 長女

異業種・異職種への転職を目指すのであれば、いくつかのステップを自分なりに用意して、経験やキャリアを生かせる方法へと変化させる柔軟さがポイントになります。

まずはしっかりと転職希望する業界や会社の情報を集めましょう。
その上で、今の自分に備わっているものと補う必要があるものを厳しく分析することが必要です。

特に補う必要があると感じた知識や経験を自分から積極的に改善し、将来的なキャリア展望としてプランを立てて提案することも有効策の1つとなります。
採用する会社にとっては、会社に貢献してくれるまでにどれほどの期間が必要になるのか気になるだけに、全くの未経験をそのままアピールしてしまうのはせっかく身につけた過去の実績を無駄にしてしまいます。

特に経験やキャリアは、現職の時だけに役立つものではありません。
業種や職種が変わったとしても、仕事を行う上では共通していることも多いです。

だからこそ、異業種・異職種でも、自分の実力を相手がしっかりとイメージしやすいようアピールしたいものです。

異業種への転職が多い、採用されやすい業種や職種がある?

現職とは異なった環境となる異業種の職場ですが、場合によれば経験やキャリアを積極的にアピールしやすいケースがあります。

その1つがIT業界になります。
なぜならIT業界では、システムやプログラムを構築する際に、異業種や異職種への理解が欠かせないからです。
むしろ全く異なった業界を1つ知っていることで、別の業界に対する理解がスムーズになり、IT業界で活躍が出来るかも知れません。

SE 長男SE 長男

IT業界は、転職市場でも最近かなり盛り上がりを見せている業種なんです。
興味がある人はチャレンジしてみるといいかもしれませんね。

そのほかには、保険関係も同様の理由で採用されやすい業種と言えるでしょう。
生活や暮らしに関わる分野が含まれていると、どこかで共通点が生まれるので、転職する時にポイントとなります。

また転職希望者を寛容に受け入れてくれるからといって、新しい会社で順応できるのかは本人の働き方で決まることも忘れてはいけません。

新しい会社で成果を出せないと、せっかくの転職もまだ成功と呼ぶには少し早いでしょう。
それだけに転職する動機や目的を自分なりに分析して、克服していくことがポイントになってきます。



さらに注意点もあげておきましょう。
無資格でも行える職種もありますが、生命の危険に関わるような仕事には、資格が必要となるものが含まれます。
さらに実務経験が資格試験を受ける際の条件に含まれている場合には、一定の見習い期間が避けられません。

その一方では、資格を取得することでキャリアとして認められるので、医療や美容、電気などの業界に進みたいのであれば、しっかりと転職プランを立てると良いでしょう。

異業種への転職の成功の秘訣は?志望動機が鍵を握る!

転職の女神 長女 転職の女神 長女

面接官は転職希望者を面接する際に、意外なほどシンプルなことを見ています。
それは何かと言えば、「なぜ、転職したいのか」という点です。

採用する会社にとっても、勤めていた会社との間でどんな問題があったのかを確認しておきたいのが本音でしょう。

そこで、志望動機がとても重要な役目を果たします。
転職希望者が若い人材であれば、キャリアアップや夢の実現など、将来的な展望だけでも採用の可能性は見えてきます。



一方である程度の社会経験があると、転職する意気込みよりも前職で改善出来なかった問題点の理由や原因が重要視されます。

ふつう会社は、従業員には実力を発揮して業務に取り組んで欲しいはずですから、転職希望者の資質を見定めるためにも転職を決意するまでのプロセスを本人から話しが聞きたいと考えています。
健康面や労働条件、人間関係など、業務を継続することが出来なくなった原因が1つや2つはあるはずです。

学歴や職歴、ファーストインプレッション、評価が高いほどじっくりと転職希望者の気持ちを確かめておく必要があります。
特に前職で仕事の面白さや達成感、失敗談などを質問された時には、職場での処遇や同僚との関係、また話し方から論理性、さらに意欲や責任感まで現れてしまいます。

どうして転職したいのか、実にシンプルな問いかけを自分なりに見つめ直しておくことが成功に近づきます。

転職エージェントを利用することで、成功率もUP!

転職を成功させる方法として、転職エージェントを活用することも大切です。
特に経験やキャリアが充実している中堅など、即戦力が高い場合には効果がさらに実感できます。



転職エージェントは多くの職種から求人情報を集めているので、転職希望者にとっては見落としていた業界の情報まで把握していることがメリットです。
幅広い分野から、または数多くの求人依頼からマッチングを行うことが出来るので、自分で探すよりも可能性が広がります。

またケースによっては、相手企業とのアポイントメントまでサポートしてくれるので、時間や手間が省けたりもします。
また候補となる面接先も、本人の適性を踏まえて判断されるので、よりマッチングする可能性が高くなるのもポイントです。
特に転職エージェントは非公開の求人情報を持っているのが強みです。

転職の女神 長女 転職の女神 長女

キャリアアドバイザーの存在が転職希望者には心強く、判断しにくい自分の経験やキャリアを客観的に評価してくれます。
そうすることで、市場価値を知ることが出来るので、より希望に近い企業を見つけることにつながります。

どうしても転職の不安が拭えない場合でも、しっかりとした転職エージェントを見つけることで力強いサポートを得られます。
特に自分の経験やキャリアに自信がない人や積極的に自己アピールするのが苦手な人、また自分では気づけなかった業界など、転職エージェントを利用することで解決できそうなケースはとても多いのです。

転職エージェントについてはこちら転職エージェントとは?転職活動に利用するメリット&デメリット

豊富な実績があるので、満足度も成功率も期待を上回ることでしょう。
このように転職を成功させる秘訣は、しっかりとした自己分析と志望動機にあります。
自己分析について詳しくはこちら転職のための”自己分析”と”キャリアの棚卸し”とは?やり方は?