訪問介護員(ホームヘルパー)は複数で介護する施設介護とは違い、介護が必要な人のご自宅に伺い日常生活のサポートをする個別ケアの仕事です。

これまでは他の仕事に就いていた人など、未経験の方が転職して新たにホームヘルパーとしてのキャリアをスタートさせることも多いです。

ただ、過去にあったホームヘルパー2級などの資格は現在は廃止されており、「訪問介護員になるにはどんな資格があればいいの?」とわからない人もいると思います。

そこで、これから訪問介護員(ホームヘルパー)を目指そうと思っている人向けに、訪問介護員とはどんな人か、どんな仕事内容なのかをはじめ、平均給料や活躍できる職場、必要になる資格の種類などについて、わかりやすく解説していきます。



訪問介護員(ホームヘルパー)とは?どんな仕事内容?

訪問介護員とは、介護が必要な高齢者の方が自立した生活が送れるようにサポートすることが目的で、冒頭でお話した通り介護が必要な利用者のご自宅を直接訪問して、身体介護や生活援助を行う人のことで、「ホームヘルパー」とも呼ばれます。

ただし、ホームヘルパーという呼び方は正式な呼称ではなく、介護保険法における正式な名称は「訪問介護員」であることを覚えておきましょう。

訪問介護員の目的は、介護が必要な高齢者の方が自立した生活が送れるようにサポートすることです。

身体介護サービスの具体的な内容としては、食事介助、入浴介助、トイレやおむつ交換などの排泄介助、更衣介助(着替え)、ベッドでの体位変換、そのほかベッドから車椅子への移動を補助したりもします。

次に生活援助サービスとは、利用者の部屋などの掃除や洗濯(畳んだりする作業も含む)、食材の買い出しの代行、調理、片付け、さらにベッドから起き上がったり歩行が困難な場合には移動の介助や車椅子への移乗介助なども行います。

病院などに通院する場合は付き添って介助することや、薬の受け取りなどもあります。

在宅介護の家族をサポートするために、原則として1人で訪問し1人で介護するため、利用者やその家族と信頼関係を築くことも大切で、例えばその利用者の健康や好みも考慮しながら調理を行ったりと、その人に合った1対1のケアをニーズに合わせて行います。

1件あたりではや1~2時間くらいと限られているので、実際にはそれほど多くのサービスはできないかもしれませんが、時間内で臨機応変に対応できることが必要で、幅広い介護の知識が求められる仕事と言えます。

在宅介護を必要とする利用者の人は寝たきりだったり外出が困難なことも多く、ホームヘルパーとの会話を楽しみにしている人もいたり、中には塞ぎ込んでしまって暗い表情の利用者さんもいるでしょう。

そういった利用者の心を読み取って励ましたり話し相手になったりと精神的なケアのほか、さらには利用者の家族の介護に対する悩みについて相談にのったりアドバイスや技術指導をしたりするのもホームヘルパーの大切な仕事の1つとなります。

これらの援助記録を保管し、ケアマネージャーなど他の介護職員と連携をとりながら、利用者や家族とはコミュニケーションを図っていかなければならず、コミュニケーション能力も大切でしょう。

やりがいの大きな仕事ではありますが、訪問介護員の仕事ではないような仕事を頼まれたり、現場でほとんど1人で利用者に対応しなければならないプレッシャーなどに悩むこともあり、利用者やその家族といかに上手く関係を築いていけるかがポイントになります。

また、訪問介護員は車での移動になるので免許証が必要になることが多く、運転に自信がない人は注意しましょう。



  • 訪問介護員の1日の流れ

まずは勤務先の訪問介護事業所などへ出勤し、その日の訪問先の利用者の確認や準備をし、決められた時間に1件目のA様宅へ訪問し、食事介助や買い出し代行などを行い、A様宅を出発してそのままB様宅をへと移動します。

B様宅でも食事介助や掃除、排泄介助などを行ったら事業所に戻って休憩を取ったり、書類の整理などをしたのち、決められた時間にC様宅へと向かいます。

C様宅にて食事介助や入浴介助をし、その後D様宅へ向かい買い出し代行や入浴介助を行い、事業所に帰社した後は報告書の作成や他のホームヘルパーへの引き継ぎ、ケアマネへの報告、翌日の準備を行い、その日の業務は終了です。

これは参考例になり、必ずこの通りのスケジュールになるわけではありません。


訪問介護員の仕事内容ではないことは?
それぞれのニーズに合わせて介護サービスを提供する訪問介護員ですが、訪問介護員にもできないこと、やってはいけないことがあります。

例えば、利用者の爪切りや耳垢の除去、インスリン注射や点滴、血圧や体温測定などの医療行為全般、そして庭の草むしりや窓ガラスを磨いたりなど大掃除に近いものや生活に差し支えない行為や日常的な家事に該当しないこと、さらには利用者本人以外の家族への生活の介助やサポートなども訪問介護員の仕事には含まれません。(医療行為については一定の条件のもと認められている)

利用者本人以外の家族への生活の介助とは、例えば利用者本人以外の家族の分まで食事を準備したり、家族の部屋の掃除や洗濯、ペットの世話や子守りなどです。

訪問介護員は家政婦や家事代行サービス、お手伝いさんではないということです。

訪問介護と訪問入浴は何が違うの?
訪問介護のほかに『訪問入浴』という入浴に特化したサービスがありますが、車の運転や入浴機器の設置など、訪問入浴に必要な業務が多いので、介護職員のうち1人は資格がなくても大丈夫です。

訪問入浴は訪問入浴専門の事業所が運営することが多く、看護師1人と介護スタッフ2人で利用者宅を訪問し、入浴または部分浴、清拭などを行います。

訪問介護の場合は入浴の介助のほかにもさまざまな身体介護や生活援助を行うので、訪問入浴に特化した訪問入浴とは仕事内容にも大きな違いがありますね。

介護福祉士とホームヘルパーの違いは?
介護福祉士は、介護福祉系の中でも唯一の国家資格であり、その国家資格を取得していなければなりませんが、ホームヘルパーの場合は介護職員初任者研修や介護職員実務者研修を修了した人がなれるものなので、資格の時点で異なります。

仕事内容はどちらもほとんど変わらないものの、介護福祉士は現場の責任者となったり介護士の指導なども行う立場にあり、その分給料や待遇についても国家資格である介護福祉士のほうが優遇されている傾向にあります。

活躍できる職場についても、ホームヘルパーよりも介護福祉士のほうが働ける場所も多いなどの違いもあります。

訪問介護員の仕事の魅力やメリット

訪問介護員の雇用形態は正社員のほか、パートやアルバイトなどさまざまで、この先でもお話していますが、アルバイトやパートなど非正規職員として働く人がとても多くなっています。

非正規職員として働くことは、例えばフルタイムで1日仕事に拘束されることがなく、利用者さんの希望の時間帯だけ訪問介護に伺ったりなど、自分の希望する時間帯だけ働けたり、1日の中でも短時間勤務が可能なことがメリットの1つとして挙げられます。

短時間勤務が可能になるということは、家事や育児などプライベートとの両立もしやすく、本職の他の副業として空いている時間だけ働けたりなど、自分のライフスタイルに合った働き方がしやすいのです。



例えばこれまで育休を取っていて復職の第一歩として訪問介護員を選ぶ人や、自分の家族の介護をしながら都合の良い時間だけ登録ヘルパーとして自宅近くで働くということも可能です。

なにかと体力的な負担が心配されることも多い介護職ですが、訪問介護員として希望の時間だけ活躍するという働き方なら、初めて介護業界に転職するという人でも、スタートしやすいキャリアとなるのではないでしょうか。

訪問介護員(ホームヘルパー)になるには?資格は?

転職の女神 長女 転職の女神 長女

利用者さんと向き合い、ニーズに合わせた介護が求められるホームヘルパーですが、それだけやりがいや介護職員としても充実したお仕事です。

訪問介護員になるには、(1)介護職員初任者研修、または上位資格である(2)介護職員実務者研修が必要になります。


(1)介護職員初任者研修

『介護職員初任者研修』は介護の民間資格としては取得しやすい資格で、社会福祉協議会のほか、自治体や株式会社などさまざまなところが実施しています。

介護保険法の改正によって2013年に廃止されたホームヘルパー2級に相当する資格で、基礎知識や倫理などの講義を130時間学び、筆記試験に合格すれば取得できます。

だいたいが通学と自宅学習を組み合わせたもので、短ければ1ヶ月半、一般的には3~4ヶ月ほどの期間で修了できます。

カリキュラムとしては、介護の基本や職務の理解、介護におけるコミュニケーション技術、老化の理解、認知症の理解などがあります。

廃止になったホームヘルパー2級と介護職員初任者研修の変わった点は、カリキュラムの内容がより実践的な内容で構成されたことの他、以前のヘルパー2級はカリキュラムを修了すれば取得できましたが、初任者研修ではカリキュラム修了後に1時間程度の筆記試験を受けて合格しなければならなくなったことです。

名称が変わったことで仕事への影響などは特にありません。

ただし、これら2つは同等と見なされるとは言え、ホームヘルパー2級の修了者が介護職員初任者研修修了などと履歴書に書いたりすることはできませんので注意しましょう。

この研修は、訪問介護員に限らず介護業界における職種全てに活かすことができる、基本中の基礎的な研修とも言えるので、受けておいて損はないものです。

ちなみに平成24年まであった訪問介護員養成研修(ホームヘルパー1級、ホームヘルパー2級)、介護職員基礎研修の修了者については、この新制度である介護職員初任者研修を修了している人と同等と見なされるので、改めて新たに介護職員初任者研修を受けなくてもそのまま訪問介護員として働くことが出来ます。

詳しくはこちら介護職員初任者研修とは?資格は通信で取れる?費用や期間はどれくらい?ホームヘルパー2級との違い

(2)介護職員実務者研修

『実務者研修』は、介護職員初任者研修よりも更に幅広い知識や技能を身に付ける上位資格で、2013年に1本化されたホームヘルパー1級、介護職員基礎研修に相当する民間資格です。

平成29年1月の介護福祉士国家試験からホームヘルパーが介護福祉士資格を取得するためには、3年以上の実務経験を積み実務者研修を受講することが必須となりました。

受講時間数は450時間で、過去の研修の受講によっては一部免除されることもあります。

実務者研修と実地研修を修了することで、2012年度から医療行為である「喀痰吸引(たんの吸引)」が介護職員でも実施できるようになりました。

詳しくは介護職員実務者研修とは?資格や費用について!通信では難しい?初任者研修との違いは何?へ。

さらにキャリアアップしたい人は「介護福祉士」の資格もおすすめ

『介護福祉士』は介護の国家資格で、一定の実務経験を積んでから決められた研修を修了するケース、福祉系の学校などを卒業するケースなど色々なルートがあります。

介護職員実務者研修の修了者がさらに上を目指してキャリアアップするための資格であり、訪問介護員だけではなくその他の介護業界で働く人が目指す資格でもあります。

詳しくは介護士と介護福祉士とは?違いと必要な資格、仕事内容、給料についてへ。

ちなみに『ケアマネージャー(介護支援専門員)』は、国家資格を取得してから5年以上の実務経験が必要で、総合的な介護の仕事ができます。

詳しくは介護支援専門員(ケアマネージャー)の資格や求人、給料は?転職と年齢

訪問介護員(ホームヘルパー)の働き方と活躍できる場所

訪問介護員(ホームヘルパー)には直接雇用と登録ヘルパー、派遣ヘルパーの3種類の働き方があり、ここまでお話した通り自分の好きな時間や都合に合わせて勤務できるメリットがあります。

  • 直接雇用は、勤務先の事業所に直接就職・転職する一般的な形で、訪問介護事業所や障害福祉サービス事業者などがあり、訪問介護事業所は社会福祉協議会や社会福祉法人、株式会社などさまざまです。

  • 登録ヘルパーは訪問介護や訪問看護を、事業所に登録し勤務時間を相談しながら利用者ごとに担当、訪問する働き方を中心に、日給で1日に何件かの利用者を訪問する、常勤で働くなどの働き方があります。

登録ヘルパーは短時間で働くことも選ぶことができ、ダブルワークも可能なケースも多くあります。

移動が多いホームヘルパーは比較的自宅付近で働くことが多く、子育てや介護、自分の趣味の時間を大切にしている人などにも向いていると言えるでしょう。

  • 派遣ヘルパーは派遣会社に登録し仕事を紹介されて派遣される働き方です。



これらの働き方は、仕事の内容にはあまり変化はありませんが、事業所との関係や収入・社会保障の内容はそれぞれ異なります。

ホームヘルパーは非常勤職員が多い職種で、女性が結婚後に家事や子育てとの両立を目指したり、夫の扶養内で働く場合が多いと言えるでしょう。

訪問介護員(ホームヘルパー)の平均給与・年収はどれくらい?

2015年の介護労働実態調査によると、訪問介護員(ホームヘルパー)の平均給与は雇用形態によって次のような違いがあります。

正社員や契約社員など月給で働く人の1ヵ月の賃金は、平均労働時間160時間程度で月収約29万円前後です。

次に、アルバイトやパート、登録制など非常勤で働く人の場合は、平均労働時間133.5時間で約17万円前後、時給で働く人の場合は7万7,907円(平均労働時間57.5時間)となっています。

日給や時給で働く人は月間の労働時間がフルタイムの人よりも少ないため、収入も少なくなっています。

ホームヘルパーの時給は介護職の中では平均1,289円と高額で、同調査によれば看護職員の次に高く介護支援専門員(ケアマネージャー)の時給よりも高くなっています。

訪問介護では移動の時間が多く、一日のうち実際にできる仕事の量が限られてくることと関係しているのでしょう。

また、2016年の『介護求人ナビ介護職ヘルパーの給料』によれば、ホームヘルパー正社員の年収は約292万円、派遣社員の年収は285万円となっています。

訪問介護員(ホームヘルパー)が転職する時の注意点とポイント

訪問介護員(ホームヘルパー)の働き方は、登録する事業所の考え方や研修体制、勤務時間のなどによって大きく異なってきます。

訪問介護の営業時間は平日の日中が中心ですが、土日や祝日、早朝・夜間、24時間も対応している事業もあり、さらには『夜間対応型訪問介護』や『定期巡回・随時対応型訪問介護看護』の介護サービスも近年では増加している傾向なので、自分の都合に合った時間帯を選ぶことができると言えるでしょう。

訪問介護員(ホームヘルパー)は、例えば1~2時間単位で仕事をする登録ヘルパーやシフト制、早朝・夜勤など働き方を選べるメリットがあります。

その反面求人情報の事業所の営業時間をよくチェックしないと、自分の都合に合わない時間帯の勤務時間になる可能性もあるので気をつけましょう。



また介護の資格を取得するには費用がかかりますが、無資格で訪問介護に転職する際には事業者が資格取得費用を負担してくれるという求人もあり、転職時には求人情報をよく確認してみることをお勧めします。

訪問介護員は現在7割近くの人が非正規職員として働いており、全体で見ると40歳以上の方が半数以上で60歳以上の方は約3割、さらに訪問介護員の9割は女性が多く活躍しています。

つまり、40代、50代、60代以上の人が新たな転職先として選ぶケースもとても多く、介護職とは全く別の職種から転職し、第2のキャリアをスタートさせるのも珍しくありません。

訪問介護員として働くことは、普段の生活の家事仕事の延長の仕事内容も多く、自分の経験を活かしやすい傾向にあることや、自分の家族の介護経験を活かして、もっと多くの人の役に立ちたいと、新たに介護業界を目指すことが多いようです。

一般的には中高年の転職は難しい業界も多いですが、介護業界であれば、40代以降のミドル世代も十分に活躍でき、転職しやすい傾向にあると言えると思います。

求人については正規職員のほかアルバイトやパート、派遣の求人も多く、試用期間として数か月時給制で勤務してから正社員として雇用される場合も多いです。

正社員になれば次のキャリアアップとしては、利用者や家族の対応や管理業務を行う『サービス提供責任者』を目指すことになるでしょう。

サービス提供責任者になるには、介護基礎研修や介護福祉士を持っているとキャリアアップが容易になります。

サービス提供責任者についてはこちらのページサービス提供責任者(サ責)とは?仕事内容、働く施設、転職で給与は上がる?サービス提供責任者になるには?資格要件、実務者研修で未経験から働ける?訪問介護員やケアマネとの違いへ。

転職の女神 長女 転職の女神 長女

訪問介護員(ホームヘルパー)への転職を検討している人は、訪問介護の現場には自分しかいないということを自覚し幅広い介護の知識を学んでおくことが大切です。

多くの働き方がある訪問介護員へ転職することは、自分に合った働き方でキャリアを積むことができると言えるでしょう!