働く理由は、人それぞれ自分が置かれている状況によって異なります。
生活をしていくために働く人もいれば、趣味を楽しむために働く人もいるでしょう。

しかし異なる属性、例えば男女の差によっても違いがあるものなのでしょうか?
そこで、「自分が働いているのは何のためか」について男女別にアンケートをとってみました。
回答内容を比較しながら見ていきましょう。

やっぱり生活していくだけの収入が欲しい!


男性へアンケートした結果、一番多かった働く理由は「収入のため」でした。

・1番は収入です。やはり働いてその報酬を得る事で、やりがいがあるし、収入がなければ働くことをしなくなると思う。(20代/男性/正社員)
・正直皆さん収入の為なのでは?でも仕事も上を目指さなければ収入も上がりません。上を目指さすには自己成長が必要。最終的にはお金ですがそれまでのプロセスは全てに通じる。(20代/男性/正社員)
・お金がないと生きていけないので仕事をしています。仕事をしなくても、お金がもらえるなら仕事はしません。(40代/男性/個人事業主)
・十分なお金があって老後も心配ないなら、多分働いていないと思います。(40代/男性/正社員)
・金を稼ぐためです。お金がなければ生きていけませんから。それに比べたら他の理由はみんな後付けでしょう。(40代/男性/正社員)



世の中、人間が生きていくためにお金は欠かせません。
仕事をしないとそのお金を得ることができませんので、仕方なく働いている人が多い傾向です。
また、「お金が十分にあれば、仕事をしないで趣味などをしてノンビリ暮らしたい」という回答も多くありました。

転職の女神 長女 転職の女神 長女

ほかにも面白い考え方として、自分が成長することで収入が上がり結果的に社会貢献や、やりがいにつながることがあるという回答の一方で、お金を稼ぐことが一番の目的でほかの理由は、すべて後付けであるという答えをしている人がいることです。

個人の性格や置かれている状況によって、考え方に差がでるのではないでしょうか。

趣味に使って人生をエンジョイ!?

男性のアンケート結果で、最も少なかったのは「趣味のため」でした。

・好きな趣味を続けるために、仕方なく働いている意識はありますね(20代/男性/無職)
・仕事は人生の一部であり、人生をより楽しむ手段と考えている。今自分の最も楽しいと感じることは趣味であるため。(20代/男性/正社員)

「趣味のため」を選択した人は優先順位の違いはありますが、趣味に使うお金を稼ぐために働いているという点では、最も回答が多かった「収入のため」に通じるものがあります。
この回答を選択した人は、「収入のため」を選んだ人よりも明確にお金の使用目的を決めてから働いており、ある意味では人生を楽しんでいる人だといえるのではないでしょうか。

働くかどうかは旦那の稼ぎ次第?


女性へのアンケートの結果、最も多かった回答は男性と同様に「収入のため」でした。

・一人で生きていく必要があるため。また、実家や親戚との冠婚葬祭の付き合いは妥協できないから。(50代/女性/個人事業主)
・旦那の稼ぎだけでは貯蓄があまりできないため、将来を見越して収入があった方が良いと思うから(20代/女性/専業主婦(主夫))
・旦那の給料だけじゃ生活がキツいからです。子供達のためにお金を稼がないといけません。(40代/女性/パート・アルバイト)
・旦那の給料だけでは足りなくなり、苦しくなったため、安定したいために収入を増やしたいからです。(40代/女性/専業主婦(主夫))



男性と同様に「生活に困るため仕方なく働いている」という回答が多くありました。
しかし、少し違う点としては結婚している人に限り、「夫の給料だけでは厳しいから」という回答が多いことです。

ひと昔前に比べると世間の意識も変わりつつありますが、まだ女性の育児や家事への負担が大きい家庭もあります。
そのため、本来であれば家庭を守っていたい人でも、生活のために仕方なく働きにでかけている人が多いようです。

若いうちはトコトン好きなことをしたい!

女性へのアンケートで最も少なかった回答は「趣味のため」でした。

・今の職場に関しては、趣味を続けるお金のために働いている。時期が来たら、やりたい仕事のために転職する。(20代/女性/正社員)
・今の私にとって、趣味は生きがいです。それに全力で打ち込むためにもお金が要ります。だから、仕事をしています。(20代/女性/正社員)

この回答を選んだ人は、比較的年齢が若い人が多いのが特徴です。
まだ年齢が若いため「今のうちに自分の好きなことを精一杯やりたい!」という思いが強いのではないでしょうか。

また、年齢が若ければ若いほど失敗しても取返しやすいものです。
転職をしやすいという点でも、若いうちにトコトン趣味に打ち込んでみるのも悪くないでしょう。

とにかく目の前の仕事に集中して取り組もう!

働くことの理由には、さまざまなものがあります。
今回のアンケートを見てみる限り、結婚に関する部分で多少の男女差はありましたが、そのほかの部分では大きな差はありませんでした。

また、今回のアンケートの回答を見てみると「お金を稼ぐために働いている」という点については共通点が多かったのが印象的でした。
収入を得るための理由には家族を養ったり、趣味にお金を使ったりしたいという目的があるはずです。

また、より多くの収入をもらうためには自己成長が欠かせませんし、収入が上がることで仕事に対するやりがいも向上します。
仕事に熱心に打ち込むことで、社会貢献をすることもできるでしょう。

転職の女神 長女 転職の女神 長女

このように全てのことは繋がっている部分がありますので、「何のために働いているのか」ということを深く意識せずに、目の前の仕事に集中して働いてみると結果的に収入も上がって、良い循環につながるのではないでしょうか♪

また、こちら日本人の平均年収は?年齢別・男女別&都道府県別の年収ランキングでは日本人の平均年収について紹介していますので、自分の年収は平均ほどなのかも読んでみてくださいね。