UターンやIターンを考えている人の中で人気がある移住先が福岡です。
東京・大阪の大都市圏からは離れますが、九州第一の都市である福岡市中心部は店舗が多く買い物に便利です。
物価が安いので生活しやすい上に、海や山といった広大な自然にも恵まれています。

また空港も近く遠方へ移動しやすい土地でもあり、福岡はとても魅力的です。
福岡で転職するコツについて探ってみましょう。



福岡の平均年収は?

東京などの大都市圏から離れ地方で仕事を探すとなると、収入が下がる可能性が大きいことを最初に覚悟しなくてはいけません。
特に転職ともなると「キャリアがあるのに収入がこんなに下がるのか」と驚く可能性もあります。

しかし収入が下がっても、その土地で満足感を持って生活することができれば問題はありません。
その土地で生活するためにどれくらいの収入があれば良いのかというのは、平均収入をひとつの目安とすると良いでしょう。



47都道府県の平均収入を比較すると、その土地によって大きく異なってきます。
もっとも平均収入が高いのは東京ですが、福岡県の平均収入はどれくらいでしょうか。

2016年に厚生労働省発表した「平成28年賃金構造基本統計調査」をもとにした調査によると、福岡県の平均収入は約437万円で全国24位です。
性別・年齢別にみると、男性30歳では約412万円、女性30歳では約332万円、男性40歳では約523万円、女性40歳では約360万円、男性50歳がピークで約609万円、女性50歳が約374万円です。

東京から転職して福岡で仕事を探す場合、「年収が東京で働く場合と全然違う!」と驚くかもしれませんが、福岡では約400万円稼ぐことができれば安定した暮らしができると考えられます。

こちら日本人の平均年収は?年齢別・男女別&都道府県別の年収ランキングでは、福岡以外の都道府県の年収も紹介しています。

福岡の生活費は?家賃や通勤費用はどう?

転職の女神 長女 転職の女神 長女

転職をして新しい場所で生活するとなると、その場所での生活にどれくらいの生活費が必要になるかという点が気になるのではないでしょうか。

特に気になるのが、生活していく上で必ずかかる家賃や、何かと必要になる交通費です。
福岡での生活でかかる生活費についても調べてみましょう!

福岡は人口増加率が高いエリアです。
福岡で働く人の平均通勤時間は30分程度圏内であるといわれています。
多くの人が30分以内で通勤していることを考えると、通勤費用も大してかからないことが分かります。

そして福岡は家賃がとてもリーズナブルです。
間取りによっても異なりますが、家賃相場が東京約77,200円に対し、なんと福岡は約36,000円と約半額程度で賃貸することが可能です。



福岡市の中でも家賃が高いといわれている中央区や博多区であっても、比較的安い金額で借りることができる部屋が多い傾向といえます。
早良区や西区など中心エリアから少し離れた場所を探すと、破格の値段で部屋を見つけることができるでしょう。

少し離れているといっても福岡は地下鉄網が発展しているので、通勤や買い物に不便さを感じることはあまりありません。
福岡市中心部から30分以内のエリアで、風呂トイレ別、オートロック、角部屋、デザイナーズマンションなど、住み心地の良い物件を東京の家賃の約半分の金額で見つけることが可能です。

東京での生活に比べて固定費の支出が減ることを考えると、福岡は暮らしやすい土地として人気が高いこともうなずけます。

福岡へのUターン・Iターンが増えている!メリットは?

福岡県はUターンやIターンで移住し、転職をする人が多い人気のエリアです。
いったいなぜ地方に移住したいという人の多くが、福岡を選ぶのでしょうか。

その理由のひとつが、働きやすさと住みやすさのバランスが良いという点でしょう。
街がコンパクトであるため通勤に時間がかからず、家賃や物価が安くて生活しやすいというメリットがあります。

また大きなショッピングモールがたくさんあるため、買い物にも便利です。
さらに主要都市からは車で30分も移動すれば、海にも山にも行くことができ、豊かな自然が身近にあるというのは大きな魅力です。



さらに福岡市は国家戦略特区に指定されているため、IT企業をはじめさまざまな企業が移転してきており、仕事を見つけやすいというメリットがあります。

福岡には多くの大手企業や有名企業の支社があるだけでなく、本社を福岡に置く企業も増えてきています。
これらの企業に採用されることができれば、東京で勤務していたころと変わらない収入や福利厚生で仕事を続けることが可能です。

福岡は食のレベルが高いことでも知られています。
広大な畑があるため野菜の収穫量が多いだけでなく、海からの漁獲量も豊富です。

そして多くの飲食店が、安いのにおいしくコスパが良いといわれており、利用者の満足度が高いのです。
住みやすく仕事も見つけやすく、食事もおいしいとなれば大満足だと感じる人が多い点にも納得がいきます。

UターンやIターンについてはこちらUターン・Iターンの転職活動とは?メリット&デメリットと成功の秘訣も参考にどうぞ。

福岡の転職でオススメの業種・職種は?

福岡県で転職先を探す場合、どのような業種・職種がオススメなのでしょうか。

厚生労働省福岡労働局によると、2015年11月の福岡県で有効求人倍率がもっとも高い職種は建設躯体工業で5.72倍になっています。
建設躯体工業とは、とび工や鉄筋工などのことです。

また医師・薬剤師も4.94倍と、有効求人倍率が高い職種です。
他に多いのは、製造業、介護、飲食業などとなります。

逆に求人が少なく有効求人倍率が1倍を切るのは、営業職(0.84倍)や一般事務(0.28倍)です。
特に一般事務職の求人は少ないため、事務で仕事を見つけるのは難しい可能性があります。

全国的にも建設業や医療・介護の求人は多いのですが、福岡県では製造業が好調なため、製造業の求人が多いという点に特徴があります。
他の職種も見てみましょう。

福岡はアパレル関連の店舗や飲食店が多いため、接客・販売の求人が豊富です。
海外からの観光客が多い土地でもあるため、英語など外国語を使っての販売や接客の求人もたくさんあります。

さらに福岡の特色として忘れてはいけないのが、IT系の職種です。
福岡にはIT系、Web関連の企業が多く、SEやプログラマーの求人がたくさんありますので、IT系で転職をしたい人には希望に近い仕事を見つけやすいでしょう。



首都圏からの転職は、年収ダウンの可能性も覚悟するべき

首都圏からUターンやIターンで転職先を探す場合、どのエリアで仕事を探すにしても年収がダウンする可能性があることを考慮に入れましょう。
九州最大の都市である福岡においてもそれは同様です。

平均収入を見ればわかる通り、東京の平均収入は日本のトップで、東京で仕事をしている人は全国平均からすると高収入を得ている割合が高い傾向といえます。
特に首都圏から離れて地方に行けば行くほど平均収入は少なくなっていく傾向です。

2016年厚生労働省発表の「平成28年賃金構造基本統計調査」によると、福岡県の平均収入は全国24位と47都道府県のちょうど真ん中あたりといえます。
そのため福岡県の求人の多くは、首都圏での求人の年収には遠く及ばないでしょう。

ただし家賃や物価など生活にかかる費用も東京に比べると少ない傾向ため、年収が下がったからといって生活レベルも下がるとは言い切れないことも覚えておきましょう。

また年収が下がっても、広々とした過ごしやすい環境で子育てができるならそのほうが良い…と年収ダウンも覚悟してUターン・Iターンするファミリーも少なくありません。
首都圏に本社がある大手企業の福岡支社などに採用された場合は、以前と変わらない収入を得ることも可能です。



ただしこういったケースの場合は「転勤でまた東京に戻らなくてはいけない」という事態も予想されるため、転職先を探す場合は、収入だけでなく転勤があるかどうかという点も加味して自分のライフスタイルに合った仕事を探すようにすると良いでしょう。

転職の女神 長女 転職の女神 長女

住みやすさ、働きやすさという点からUターンやIターン先として人気が高い福岡県では、建設業、医療・介護、製造業、IT関連などの求人が多く、これらの職種で転職先を探している人には仕事を見つけやすいおすすめのエリアです。

また大手企業の支社が多いため、有名企業に採用される可能性もあります。まずは福岡での求人をチェックしてみてはいかがでしょうか?