転職の際にはエージェントに依頼する社会人も増えてきていますが、同時に「どこのエージェントも同じに見える」という感想もあるでしょう。
しかし、エリートネットワークは優良企業の求人しか相手にしないエージェントとして人気を集めています。
ここでは、エリートネットワークが実践しているこだわりを詳細にまとめてみました。



エリートネットワークはどんな人に向いている?

転職には主に2種類あります。
自分のキャリアアップを図るための転職、そして現在の環境が嫌で状況を変えるための転職です。

いずれが正しい動機ということはないのですが、エリートネットワークに関しては、前者のように自分の能力に自信があって、より良い待遇を用意してくれる会社を探したい人におすすめです。

なぜなら、エリートネットワークはリクルート社で鍛え上げられた優秀な転職エージェント集団であり、クライアントの欠点は容赦なく指摘してくれます。
最初は言葉が厳しいと感じることもありますが、全ては自分を高めるためだと気付いたとき、エリートネットワークの姿勢に共感できるでしょう。



法人営業兼転職カウンセラーによる一貫したサポートとは

エリートネットワークの強みは、クライアントへのヒアリングの質です。
転職エージェントにありがちな基本情報だけを聞いて、とにかくいろいろな企業を推薦してくるという提案をエリートネットワークは採用していません。

ヒアリング時間ではクライアントの能力から性格までを細かく分析し、「これしかない」という企業を突き止めてくれます。
法人営業兼転職カウンセラーとして誇りを持って働いているだけに、量より質で勝負の会社なのです。

また、1人の担当者が一貫して1人のクライアントを対応してくれるため、心を開いてさまざまな悩みを相談できる関係が構築できるでしょう。

全ての求人は直接企業に足を運んで審査!求人の質に自信

求人数が多い転職エージェントの方が、安心できるという転職希望者もいるでしょう。
確かに、求人数が多いと選択肢が広がるようにも思えます。

しかし、やたらと求人数が多すぎるのも考えものです。
求人への審査がなされていなくて、中にはブラック企業と呼ばれる労働条件の悪い企業が混ざっている可能性もあるからです。

転職の女神 長女 転職の女神 長女

エリートネットワークは、求人に対して徹底した調査を行っています。
実際に企業へと足を運び、データだけではなく職場の雰囲気や社員の質を見極めています。

そのため、自分たちのクライアントに対しても自信を持って優良企業を提案することができるのです!

転職者とは必ず会って対話するというこだわり

転職エージェントの中には、電話だけでクライアントとの面接を済ませてしまうところもあります。
エージェントもクライアントも多忙であるため、仕方のない措置でもありますが、エリートネットワークでは実際に会って面接をすることにこだわりを持っています。

まず、クライアントと向かい合って話すからこそ、熱意が伝わります。
エージェントの本気を知ってもらえることでしょう。

そして、クライアントの人間性に触れることができます。
履歴書だけでは分からないクライアントの適性や長所に気づき、短所があればその場で指摘してくれます。
エリートネットワークは親身な関係を重視しているのです。



「エリートネットワーク」まとめ

転職エージェントを利用するクライアントは多くなり、中にはクライアントに対応するだけで精一杯の企業も存在します。
そんな企業はマニュアル通りにヒアリングし、システムでリサーチした企業を紹介するだけになりがちです。

しかし、エリートネットワークはクライアントに対して本気でぶつかっていくエージェントです。
服装やマナーに対しても厳しい注意がなされることもありますが、それも欠点を放置しておくと転職成功率が下がってしまうからです。

むしろ、他の転職エージェントが見逃してしまうような些細な部分にまで観察してくれるエリートネットワークは、信用に値するといえるでしょう。