「仕事内容がきつい…」とか、「上司や同僚との人間関係に疲れた…」など、仕事を辞めたくなるような事情や、辞めざるを得ない理由などで会社を退職したいと考えるとき、やはり目指したいのは円満退社ですね。

「結局辞めるならどうなってもいいや」と潔く言いたいことを好きに言って退社できる人もいると思いますが、いくらその会社を辞めるとしても陰で悪口を言われたり後ろ指をさされたり、後々立場が悪くなるような辞め方はしたくない人が多いと思います。

会社に不満があるわけではなくとも、「今までお世話になった会社なのだからなるべくなら揉め事やトラブルは避けたい」とか、「自分が辞めてからも困らないよう引き継ぎをしっかりして辞めたい」など、社会人としてのマナーにも気をつけたいと思うのもよくわかります。

円満退社をしたいと思う反面、ストレスや精神的苦痛などで「もう明日から会社に行きたくないし、今すぐにでも辞めたい」と思うほど深刻なケースもあると思います。

このページでは、退職理由として多いものをはじめ、退職理由は嘘をつかないで正直に言ったほうがいいのか、退職をする時にはどれくらい前から準備や申し出が必要なのか、退社までのスケジュールなどのほか、「円満退職をしたい」人向けにも押さえておきたい注意点やポイントを解説しています。



円満退社とは?円満退職をするメリット

「円満退社」とはどういう意味なのかと言うと、会社の業務に支障が出ないようにさまざまな準備を重ねたりすることで、会社側も自分も両者が納得できる形で退職することです。

つまり、具体的にはこのような事態が起きない退職のことです。

  • 喧嘩退社のような感じで上司や同僚、社長などと揉めていない
  • あなたの代わりにあなたの仕事が出来る人が誰もいない状態で辞めて、会社に迷惑をかけていない
  • 退職時期や繁忙期などを考えて退職を申し出ている

「会社を辞めればもう関係ないし…」と思っても、同業他社の場合などは取引先が同じであったり、転職後にも関わりができてしまう可能性は絶対ないとは言えないはずです。

新卒で入社したばかりの新入社員や、いわば社畜として長年会社に尽くしてきた人も、「辞めたいんですけど…」と口にしたものなら、「お前みたいな人間他に雇ってくれる会社なんてないぞ!」などと罵声を浴びせられたり、「君が辞めたら会社はどうなるんだ?潰すつもりか?」などと圧力をかけられたりすることも、残念ながら多いのが今の社会の現状です。

しかし、本当の意味で円満に”社内の誰からも恨みをかわずに全員から笑顔で送り出してもらう”のは、現実的に考えてほぼ不可能でしょう。

あなたが優秀な存在であればあるほど、企業側はそんな優秀な人材をなくしたくないと思うのは当然ですし、そうでないとしてもあなたを育てるために先輩社員や上司が費やしてきた時間や努力は無駄になってしまうわけですし、あなたが仕事を辞めることによって少なからず他の誰かの仕事量が増えたり、欠員を埋めるためにお金をかけて新たな人材を募集しなければならないためです。

つまり、どう考えても誰1人として迷惑をかけないで退社するのは不可能なため、100%円満に会社を去るというのは無理があります。

しかし、そんなことを言っていたら一生会社なんて辞められません!

ではこの「円満退社」をどう捉えるかというと…

  • 会社に残っている人に少しでも迷惑をかけないようにすること
  • たとえ表向きだとしても、引き継ぎや退職に伴う業務に協力してもらえるような関係を作る
  • 険悪な関係にならないよう退職日まで周囲との関係を維持する

などと考えるといいでしょう。

社会人としてのマナーをわきまえ、可能な限りトラブルなく円満に退職したいですね。

SE 長男SE 長男

僕もどうせ会社を辞めるなら、円満退社を目指したいなぁ。

円満退社をすることは、自分の精神面での負担から考えてもメリットがあるね。

会社を辞める日までギクシャクした社内で過ごすのは、自分にとっても疲れちゃうからね。


転職の女神 長女 転職の女神 長女

円満退職をすることは、精神的なものだけではなく他にもさまざまなメリットがあるわ。

例えば同業の場合は前職の人脈やつながりを活かせたり、もし今後接点が生まれた場合でも友好な関係を保つことが出来ることなどです。


円満退社は、自分も退職日まで嫌な思いや肩身の狭い思いをしなくて済んだり、遠慮せずに引き継ぎ業務に協力してもらたりと、精神的にもメリットが高いです。

そのほか、いざ転職してみたら前職の上司や役員、社長などが転職先の人と顔見知りだったり、共通の取引先があったりした場合でも、「あの人は非常識で最悪な辞め方をした」などと悪い評判を立てられずに済んだりすることもないでしょう。

友好的な関係のまま退職しておけば、これまで築いてきた人脈や人付き合いを仕事にも活かせることがあるかもしれません。

今後どのような形で、前職で一緒に働いていた人と関わりが生まれるかは誰にもわからないことですから、予期せぬ噂話や悪い評判が今後の自分の社会人生活に影響させないためにも、円満退職をして気持ち良く次の仕事を始めたいですね。

さらに、業務の引き継ぎをしっかりしていなかったり、重要な顧客情報を引き継がないで退職したことで、それによって今ある契約が打ち切られてしまったりなど、支障をきたしたり損害が発生してしまうと、会社側から損害賠償を請求されるケースもあります。

そうならないためにも、円満退社をしておいたほうが安心できるというわけです。

もちろん、無理矢理引き留めようとされたり、嫌がらせをされた場合には無理に円満退社を目指す必要はありません。

自社の就業規則は大丈夫?退職スケジュールを立てよう

派遣 次男派遣 次男

僕みたいに派遣だったら、期間が決まっているけれど「仕事を辞めたい」って思ったら、今すぐ辞めたくなってしまう気持ちもわかるけど、そうはいかないよね。

一般的に、退職にはどれくらいの期間と手順が必要になるのかな?

転職の女神 長女 転職の女神 長女

退職をするにあたっては、会社ごとの就業規則でルールが決められていることがほとんどね。

例えば、退職の意思は最低1ヵ月前までに伝えるなど、退職するときの条件が会社ごとにあります。

その条件をしっかりと確認し、就業規則にのっとった期間にきちんと手続きをすることが大切です!

その会社の規定になっている条件を踏まえた上で、退職に向けてのスケジュールを立てましょう。

退職日までの具体的な流れは…

  • (1)内定
  • (2)退職の切り出し、退職日の決定
  • (3)仕事の引継ぎ
  • (4)取引先への挨拶回り
  • (5)社会保険などの手続き

と言った感じの流れが一般的です。



ではこれらについて具体的に見ていきましょう。

(1)内定

転職の女神 長女 転職の女神 長女

転職をする場合、現職を退職してから転職活動をするか退職前に内定を取っておくかは迷いどころではあります。

どちらを選ぶかはスケジュールにもよりますが、できれば先に転職先の内定をもらった後に退職準備を始めるのがおすすめです!

その理由には以下のようなものが挙げられます。

●転職先が決まっていない状態では、引き止められてしまい円満退社が遠ざかる
●退職してから転職活動を始めると、その間は収入がないため生活に困窮することになる
●転職先が決まっていることで退職までのスケジュールを具体的に立てられる

こちら転職活動は働きながら(在職中)?退職してから?メリット&デメリット!会社にバレる?も参考にしてください。

転職先の内定をもらってからのスケジュールをきちんと理解しておくことで、円満退社への道がはっきりと見えてきますし、引き止めにあったりしてぐらつく気持ちにも流されずに済みます。

面接を受けていた会社から内定の連絡をもらったら、できれば3日以内に入社の意思を返事したいところです。

他社の内定通知を待っているときは、いつまでに返事できるかを明確に先方に伝えておきましょう。

また、転職先が決まったら先方と雇用契約を結びます。
このとき雇用契約書の内容を十分に確認し、条件が合っているかどうかをきちんと見ておくようにしましょう。

(2)退職の切り出し、退職日の決定

仕事を辞めるべきかどうか悩んでいる人は、まずはこちらのページこんな会社は早く辞めるべきか辞めないべきか?後悔しない判断・見極め方と、退職にベストな時期とタイミングとは!を読んでみてください。

円満退社をするなら、退職の意思を最初に伝えるのはやはり直属の上司です。

直属の上司を飛ばしてその上の役職の管理職に伝えてしまうと、自分が在籍している部署で混乱をきたしますし、直属の上司の気分も損ねてしまいます。

直属の上司に退職の意思を伝えるタイミングとしては、できれば就業後や昼休みなど業務時間外が無難です。

上司に声をかけたその場で退職の意思を示すのではなく、「今お時間よろしいですか」といったように切り出し、同僚などに話を聞かれないような場所に移動してから話し出すようにし、別室に移動した後には最初に現職の会社でお世話になった旨を述べ、大まかな退職の時期を提案します。

退職の時期について曖昧だと、ずるずると時期を引き延ばされてしまう可能性があるため、退職の時期を明確にして意思が固まっていることを伝えましょう。

ただし、具体的な退職日については、ある程度仕事の引き継ぎにかかる日にちや進行中のプロジェクトなどを考慮し、余裕を持った提案をすることも円満退社の秘訣です。

退職日の目安としては、だいたい1ヶ月から2ヶ月ほど後に設定することと、会社の繁忙期は避けることが社会人としてのマナーとなります。

有給を取得したい場合は、さらに余裕を持って切り出さなければ、引き継ぎ+有給期間を十分に取れないでしょう。

しかし、「もう仕事に行けないほど精神的に辛い」など、会社の規定にある期間すら通勤が難しい場合は、無理して通勤するのはさらに症状が悪化してしまう可能性もあります。

雇用期間の定めがない社員の場合は、退職日の2週間前に退職したい旨を会社に伝えれば退職できることが民法627条で規定されています。

詳しくは仕事辞めたい…無理してうつ病(鬱)に?症状とチェック。退職・転職するべき?傷病手当金とはへ。

リクルートエージェントが転職成功者500名に外部機関を通じた調査によると、実際のところは”1ヶ月以内”に辞めた人が多いようです。


(リクルートエージェント円満退職のためにより)

このあたりは現状の業務との兼ね合いや、次の転職先への入社日との都合にもよりますね。

もし、入社日までの期間が長くなるようであれば、その間にも転職先に何度かコンタクトを取ることも忘れないようにしましょう。

また、次の転職先が決まっていない状態で仕事を辞めるのか、新しい転職先が決まってから退職を申し出るのかについてはこの先で解説していますので、そちらもチェックしてくださいね。

ちなみに、退職願(退職届)の書き方や辞表との違いについてはこちら転職の際の退職届と退職願、辞表の違いと注意すること&自己都合退社と会社都合退社の違いのページへ。

退職の理由は嘘をつかないで正直に言うべき?

「仕事を辞めたい」、「会社をやめたい」と思う理由は人それぞれさまざまですが、よくある退職理由には…

  • 給料が少ない
  • 残業など労働条件が厳しい
  • 昇給が見込めない、会社の将来に期待できない
  • 人間関係や社内の雰囲気が悪い

などがあります。

このような本音の理由があったとしても、実はその本当の理由を正直に伝えている人ばかりではありません。

だいたい半数くらいの人は本音を伝えて退職しているものの、約半数の人は本当の理由ではない、言わば建前の理由を話しているんです。

これは転職サイトの「エン 人事のミカタ」が1515人行った調査でも、約半数となる47%が本音とは違う理由を退職理由として伝えたという結果が出ています。

もちろん、「上司と合わない」だとか「給料が少ない」など本当の理由を言ってしまうと、退職の日まで気まずい雰囲気であったり白い目で見られたりすることもあるので、本音を言ってしまうと雰囲気が悪くなって過ごしにくくなるというデメリットがあります。

また、本音を言うことで新たなわだかまりができてしまったり、退職日までの残りの期間で嫌がらせを受けたり、退職した後もし繋がりができてしまった場合にお互いが嫌な気持ちになってしまうこともあるでしょう。

嘘であっても建前の理由を伝えたほうが、自分も退職日まで過ごしやすく、会社側からも反感をかいずらいなどのメリットがあります。

建前の理由というのは、例えば「キャリアアップしたい」、「家庭の事情で」、「親の介護で」、「資格を取りたいので」などです。

これらの理由は特に企業から反感を買うような批判的な理由でもなく、「それなら仕方ない」と思ってもらえやすい退職理由です。

ただ「親の介護で」などを理由にする場合、職場が自宅と近かったりすると後々「親の介護なんて嘘だったな」と発覚してしまうことまるので、注意しましょう。

詳しくは仕事を辞めたい!転職したい!みんなの理由と本音、会社にはどう伝えた?へ。

具体的な伝え方・言い方としては、「お忙しい中、お時間を割いていただきありがとうございます。急なことで申し訳ないのですが、○月で会社を退職したいと考えています。将来について改めて自分なりに考えてみた結果、新しい環境にてスキルアップや資格取得などを目指していきたいという気持ちが出てきました。」などで良いでしょう。

また、今の会社の上司との関係性や職場の環境によっては、正直に伝えても良いケースもあるでしょう。

もし「それさえなんとか改善されれば会社に残ってもいいのに」と思っているならば、なんとかならないか前向きに交渉してみるのもいいかもしれませんね。

新しい転職先については、具体的な社名(企業名)は出さないほうがいいでしょう。

伝える義務はありませんし、それによって余計なトラブルなども防ぐことができます。

(3)仕事の引継ぎ

退職届が受理されたら、仕事の引き継ぎを行いましょう。

自分がいなくなった後も後任者が困ることがないよう、しっかりと引き継ぎをを行うことで、「最後までよく働いてくれた」とか「残った人間がわかりやすいよう努力してくれた人だ」という良い印象を残すことができます。

あなたの仕事を引き継いでくれる後任の担当者に対して、ただ単に口頭で伝えるだけでは十分な引継ぎを行うことができない場合も多く、引継ぎ内容についてわかりやすい資料を作成したり、後任の担当者やプロジェクトのチーフなどを交えて打ち合わせをしなければならないこともあるでしょう。

しっかり引き継ぎができていない状態で会社を辞める日になってしまうと、のちのちあなたにしかわからないことの確認の電話が入ることになってしまったり、「ろくに引き継ぎもしないで辞めていった人」だと思われてしまいます。

円満退社が出来るかどうかは、いかに入念に抜かりなく引き継ぎをしたかもポイントになりますよ。

(4)取引先への挨拶回り

退職日のだいたい2週間くらい前から、取引先への挨拶回りを行いますが、これは自分の独断で行うのではなく、あくまでも会社の意向や方針を優先しましょう。

その会社によっては、従業員の退職を公表したくはないところがあったりします。

取引先への挨拶回りについては訪問すべき会社をリストアップし、自分の業務の合間を縫ってきちんと回れるようにスケジュールを組むことも大切でしょう。

もし直接挨拶回りができない会社があれば、挨拶状の送付準備も行っておきましょう。

(5)社会保険などの手続き

退職日が近づいたら、税金や保険に関する退職手続きを進めます。

名札や制服など会社の美品や所有物は忘れないよう返却することや、公的手続きに必要になる書類を受け取っておいたりしましょう。

これについては、こちらのページ転職・退職後の公的年金はどうする?種類と手続き、免除制度とは?で詳しくお話しています。

円満退社の秘訣!ポイントと注意することとは

転職の女神 長女 転職の女神 長女

無事に円満退社をした後に転職する秘訣として、押さえておきたいポイントや注意点があります。
ただやみくもに退職の計画を立ててしまうと円満退職から遠ざかってしまうこともありますから、じっくりと慎重に事を運ぶのがおすすめです。

では円満退社に向けてのポイントや注意点を挙げていきましょう!

  • 1.想定している退職日の1~2ヵ月前には退職の意思を伝える

最初にも解説したことですが、これは会社の就業規則にもよるものの、だいたい想定している退職日の2ヵ月前、最低でも1ヵ月前までには直属の上司に退職の意思を伝えるようにします。

これくらいの余裕がないと、もし引継ぎや欠員募集などの準備が間に合わず、会社の業務に支障をきたす恐れがあります。

自分が会社にかける迷惑を最小限にとどめたいという思いを伝えることも、円満退社の秘訣となります。

  • 2.繁忙期の退職は避ける

転職したいと思ったときはどうしても焦りがちになりますが、退職時期が現職の会社の繁忙期に重なってしまうと人員が不足してしまい、業務に差支えが出る可能性があります。

そうなると上司や同僚からの反感を買ってしまうことにもなりかねず、円満退社をしにくくなってしまいます。

「こんな忙しい時期に退社だなんて勘弁してくれないか…」と言われてしまうのも仕方がなくなってしまいます。

何か事情がない限り、ビジネスマナーの1つとして覚えておきましょう。

  • 3.退職理由で待遇を引き合いに出さない

退職の意思を伝えたときにその理由を聞かれることもありますが、そのときに現職での待遇などを引き合いに出してしまうことはおすすめしません。

なぜなら「ではこうするから会社に残ってくれ」などと待遇の改善や部署異動など慰留条件を提示されるなどして、引き止めに遭ってしまう可能性もあるためです。

もし差支えがないのであれば転職先が決まっていることを伝え、その上で具体的な退職日を相談するというスタンスを取ってもいいでしょう。

退職理由については、こちら仕事を辞めたい!転職したい!みんなの理由と本音、会社にはどう伝えた?も読んでみてください。

退職を引き止められた時にはどう対応する?

退職の意思を伝えたとき、上司に何らかの方法で引き止められることもあります。
その引き止めのパターン別に対応方法を見ていきましょう。

「会社には君が必要だ」と言われる

人は誰でも、自分が必要とされていると思うと情に流されてしまいがちです。

しかし、すでに転職先も決まっているのであれば、引き止めに応じる余裕はないでしょう。
このようなときは、本来転職したいと思った理由をきちんと思い出して、強い意思を持つことが大切です。

今の待遇の改善を提案される

退職を引き止めたいがために、上司が現在の待遇を改善すると提案してくる場合があります。

ただし、その提案は引き止めのための口上である場合も少なくありませんし、もし提案された待遇に心が揺らいだとしても、転職先の具体的な条件や転職後に自分がやりたいことを念頭に置き、現職での待遇の改善を丁重に辞退しましょう。

圧力をかけられる

ときには会社の状況や取引先、また顧客などの関係性を引き合いに出し、退職に対して圧力をかけてくる上司もいるかもしれません。

さらに、退職することで損害が生じるとして、賠償金を求めるなどと持ち出されるケースも存在します。

しかし、このような圧力は法的には効力がないため、冷静になり直属の上司のさらに上の管理職に相談するか、先に退職届を提出して法的に退職の意思表示をすることで解決できる場合も多くあります。

また、圧力をかける動きがひどい場合は労働基準監督署に相談するのも有効です。

ここまで、円満退社して転職するための秘訣を紹介しました。
気持ちよく転職に向けて再出発するために、今回紹介した内容をぜひ参考にしてください。

こちら仕事を辞めたいけど会社(上司)に言えない・言い出せない時の対処法と改善策!まずは行動してみよう!のページも参考になると思います。

また、最近では円満退職のためや嫌がらせに近い引き止めにあい、辞めたくても辞められずに悩む人のために、「退職代行サービス」というものが人気のようです。

ニュースでも紹介されていたサービスで、詳しくはこちらのページ退職代行サービスとは?「exit」や「saraba」などの料金や利用方法の紹介!違法にならない?弁護士の退職代行との違いは!で紹介しています。