何らかの事情や転職の意思があって退職するとき、やはり目指したいのは円満退社です。
円満退社とは、会社の業務に支障が出ないように周到な準備を重ねて会社も自分も納得できる形で退職の日を迎えることです。

これまで自分を世話してくれた会社に感謝の意を表し、自分が辞めてからの業務をスムーズにするためには、押さえておきたい秘訣があります。
こちらでは、転職するにあたっての円満退社の秘訣を紹介します。



自社の就業規則は大丈夫?退職スケジュールを立てよう

派遣 次男派遣 次男

仕事辞めたいって思ったら、今すぐ辞めたくなってしまう気持ちもわかるけど、そうはいかないよね。
僕みたいに派遣だったら、期間が決まっているけれど。

一般的に、退職までにどれくらいの期間と手順が必要になるのかな?

転職の女神 長女 転職の女神 長女

退職をするにあたっては、会社ごとの就業規則でルールが決められていることがほとんどね。

例えば、退職の意思は最低1ヵ月前までに伝える、退職時の手続きについてなど、退職するときの条件が会社ごとにあります。
その条件をしっかりと確認し、就業規則にのっとった期間にきちんと手続きをすることが大切です!

それを踏まえて退職に向けてのスケジュールを立てましょう。
退職の意思を伝えた後は、退職日までの間に下記のようなことを済ませておく必要があります。

  • 1.退職日の決定
  • 3.仕事の引継ぎ
  • 4.取引先への挨拶回り
  • 5.社会保険などの手続き
  • 6.名札や制服などの返却

など。

この中で特に仕事の引き継ぎについて、期間に余裕を見ておくのが秘訣のひとつです。
後任の担当者に対して、ただ単に口頭で伝えるだけでは十分な引継ぎを行うことができません。

そのため、引継ぎ内容について明快な資料を作成することや、後任の担当者やプロジェクトのチーフなどを交えて打ち合わせを何度か行うのがおすすめです。



その他、取引先への挨拶回りについては訪問すべき会社をリストアップし、自分の業務の合間を縫ってきちんと回れるようにスケジュールを組むことも大切でしょう。
もし直接挨拶回りができない会社があれば、挨拶状の送付準備も行っておきましょう。

退職に向けた準備は内定後に!内定から雇用契約、入社日の決定まで

転職の女神 長女 転職の女神 長女

転職をする場合、現職を退職してから転職活動をするか退職前に内定を取っておくかは迷いどころではあります。
どちらを選ぶかはスケジュールにもよりますが、できれば先に転職先の内定をもらった後に退職準備を始めるのがおすすめです!

その理由には以下のようなものが挙げられます。

●転職先が決まっていない状態では、引き止められてしまい円満退社が遠ざかる
●退職してから転職活動を始めると、その間は収入がないため生活に困窮することになる
●転職先が決まっていることで退職までのスケジュールを具体的に立てられる

こちら転職活動は働きながら(在職中)?退職してから?メリット&デメリット!会社にバレる?も参考にしてください。

そして、転職先の内定をもらってからのスケジュールをきちんと理解しておくことで、円満退社への道がはっきりと見えてくるでしょう。
内定をもらってから現職の退職日と転職先への入社日を決めるまでには、以下のような流れを踏みます。

  • 1.内定をもらう

面接を受けていた会社から内定の連絡をもらったら、できれば3日以内に入社の意思を返事したいところです。
他社の内定通知を待っているときは、いつまでに返事できるかを明確に先方に伝えておきましょう。

  • 2.転職先との雇用契約

転職先が決まったら、先方と雇用契約を結びます。
このとき雇用契約書の内容を十分に確認し、条件が合っているかどうかをきちんと見ておくようにします。

  • 3.現職の退職日、転職先の入社日の決定

現職を円満退社できるように、無理のない退職日と転職先の入社日を決定することが大切です。
前述したような退職までのスケジュールについて、現職の上司に相談した上で転職先の入社日を決めるようにするのも円満退職の秘訣です。



その結果入社日までの期間が長くなるようであれば、その間にも転職先に何度かコンタクトを取ることも忘れないようにしましょう。

退職は誰に切り出す?タイミングと伝え方は?

円満退社をするなら、退職の意思を最初に伝えるのはやはり直属の上司です。
直属の上司を飛ばしてその上の役職の管理職に伝えてしまうと、自分が在籍している部署で混乱をきたしますし、直属の上司の気分も損ねてしまいます。

直属の上司に退職の意思を伝えるタイミングとしては、できれば就業後や昼休みなど業務時間外が無難です。
そして上司に声をかけたその場で退職の意思を示すのではなく、「今お時間よろしいですか」といったように切り出し、同僚などに話を聞かれないような場所に移動してから話し出すようにしましょう。

別室に移動した後に腰を据えて退職の意思を示すときは、最初に現職の会社でお世話になった旨を述べ、大まかな退職の時期を提案します。
退職の時期についてあいまいだとずるずると時期を引き延ばされてしまう可能性があるため、退職の時期を明確にして意思が固まっていることを伝えましょう。

ただし、具体的な退職日について上司と相談できるような余裕を持った提案とすることも円満退社の秘訣です。

円満退社の秘訣!ポイントと注意することとは

転職の女神 長女 転職の女神 長女

無事に円満退社をした後に転職する秘訣として、押さえておきたいポイントや注意点があります。
ただやみくもに退職の計画を立ててしまうと円満退職から遠ざかってしまうこともありますから、じっくりと慎重に事を運ぶのがおすすめです。

では円満退社に向けてのポイントや注意点を挙げていきましょう!

  • 1.想定している退職日の1~2ヵ月前には退職の意思を伝える

これは会社の就業規則にもよりますが、だいたい想定している退職日の2ヵ月前、最低でも1ヵ月前までには直属の上司に退職の意思を伝えるようにします。

これくらいの余裕がないと引継ぎや欠員募集などの準備が間に合わず、会社の業務に支障をきたす恐れがあるのです。
自分が会社にかける迷惑を最小限にとどめたいという思いを伝えることも、円満退社の秘訣となります。

  • 2.繁忙期の退職は避ける

転職したいと思ったときはどうしても焦りがちになりますが、退職時期が現職の会社の繁忙期に重なってしまうと人員が不足してしまい、業務に差支えが出てしまうでしょう。
そうなると上司や同僚からの反感を買ってしまうことにもなりかねず、円満退社をしにくくなってしまいます。

  • 3.退職理由で待遇を引き合いに出さない

退職の意思を伝えたときにその理由を聞かれることもありますが、そのときに現職での待遇などを引き合いに出してしまうことはおすすめしません。

なぜなら待遇の改善や部署異動などの条件を提示されるなどして引き止めに遭ってしまう可能性もあるためです。
もし差支えがないのであれば転職先が決まっていることを伝え、その上で具体的な退職日を相談するというスタンスを取ってもいいでしょう。

退職理由については、こちら仕事を辞めたい!転職したい!みんなの理由と本音、会社にはどう伝えた?も読んでみてください。

退職を引き止められた時にはどう対応する?

退職の意思を伝えたとき、上司に何らかの方法で引き止められることもあります。
その引き止めのパターン別に対応方法を見ていきましょう。

「会社には君が必要だ」と言われる

人は誰でも、自分が必要とされていると思うと情に流されてしまいがちです。
しかし、すでに転職先も決まっているのであれば、引き止めに応じる余裕はないでしょう。
このようなときは、本来転職したいと思った理由をきちんと思い出して、強い意思を持つことが大切です。

今の待遇の改善を提案される

退職を引き止めたいがために、上司が現在の待遇を改善すると提案してくる場合があります。
ただし、その提案は引き止めのための口上である場合も少なくありません。
もし提案された待遇に心が揺らいだとしても、転職先の具体的な条件や転職後に自分がやりたいことを念頭に置き、現職での待遇の改善を丁重に辞退しましょう。

圧力をかけられる

ときには会社の状況や取引先、また顧客などの関係性を引き合いに出し、退職に対して圧力をかけてくる上司もいるかもしれません。
さらに、退職することで損害が生じるとして、賠償金を求めるなどと持ち出されるケースも存在します。

しかし、このような圧力は法的には効力がありません。
このような場合は冷静になり直属の上司のさらに上の管理職に相談するか、先に退職届を提出して法的に退職の意思表示をすることで解決できる場合も多くあります。

また、圧力をかける動きがひどい場合は労働基準監督署に相談するのも有効です。

ここまで、円満退社して転職するための秘訣を紹介しました。
気持ちよく転職に向けて再出発するために、今回紹介した内容をぜひ参考にしてください。

こちら仕事を辞めたいけど会社(上司)に言えない・言い出せない時の対処法と改善策!まずは行動してみよう!のページも参考になると思います。