IT・WEB業界は将来性も高く、需要はなくならない職種ではありますが、「エンジニア」といえば残業が多く辛い仕事の代名詞というイメージを持たれることが多く、実際今もなお現場で辛い思いをしているエンジニアも多いでしょう。

しかし、それはエンジニアという仕事ゆえの忙しさで仕方がないことなのか、それともその会社に問題があるのかは別問題であり、当たり前のように何年間にも渡りひどい残業をしてきたものの、「ちょっと待って、うちってやっぱりブラックなんじゃないか?」と、改めて自分の今置かれている勤務体制について考えた結果、転職も視野に入れている人も少なくないのではないでしょうか。

または、未経験で初めてエンジニアの道に進もうと思っている人が、「やっぱりこの職種って敵は残業なんだろうか?」と思い、このページにたどり着いた人もいるでしょう。

エンジニアに限ったことではないですが、”IT業界=残業が多い”と言われてしまっている原因や、その残業についての対処法、そして法律的にはどうなっているのか、さらには残業が少ないエンジニアって可能なのかなどという点についてまとめていきたいと思います。



エンジニアは残業が多いって本当なのか?実態は?

エンジニアは残業が多いのかといわれれば、「はい」でもあり「いいえ」でもあります。
エンジニアといっても業種や役割は多彩であり、それぞれまったく事情が異なるからです。

リクナビNEXTのTeck総研では、「エンジニア的残業☆生体図鑑」という面白いものが載っていました。



(リクナビNEXT Teck総研エンジニア的残業☆生態図鑑より)

これによると、定時から19時に退社する人が26%、19時から21時で退社する人は41%、21時から23時に退社する人は28%、23時以降に退社する人は3%という結果になっています。

つまり、残業が多いというイメージを強く持たれるエンジニアですが、21時前までに帰ってる人と21時後に帰る人はだいたい半々くらいで、遅い時間まで残業をしている人ばかりではないということです。

あなたはどうでしょうか?

とはいえ、エンジニアは人手不足のうえ、自分でスケジュールを立てにくい仕事なので、残業時間が膨大になってしまっている現場も珍しくはないでしょう。

たとえば、カスタマーサービス系のエンジニアは残業が多くなる傾向があります。


カスタマーサービスは顧客満足度向上のために設けられた部門であり、顧客の声にはできるだけ忠実に対応する必要があります。

営業時間内に寄せられた案件については、早急な回答が求められがちで、エンジニアの都合で仕事をコントロールするのは難しいといえるでしょう。



また、システムエンジニアも繁忙期には残業時間が多くなります。

たとえば、社内でシステム変更を行ったりパソコン機器の入れ替えがあったりした場合、エンジニアはプロジェクトの中心となって稼動することでしょう。

こうした入れ替え作業は通常の勤務時間には行えないことも多く、エンジニアは退勤時間後や休日に働くことも珍しくありません。

システムエンジニアについてはこちらシステムエンジニア(SE)の就職と転職!必要な資格、仕事内容、年収、働き方とは?へ。

また、急なシステム上のトラブルがあった時にはエンジニアが稼動しなければ修復が遅れてしまうので、必然的に残業時間が増えてしまうパターンが見られます。

専門職ゆえに依存度が高いのが、エンジニアの仕事量を増やす要因でしょう。

エンジニアと他の業種との残業時間の比較

では、エンジニアの残業時間について他の職種と比べてどうなんでしょうか?

残業自体は、どの業界、どの職種でも必ずと言っていいほど少なからずあるものだと思います。

そこで、転職サイトdodaに載っていたこちらの調査結果を見てみてください。

まずは残業の少ない業種TOP10がこちらです。


次に残業の多い業種TOP10がこちらです。

(転職サイトdoda残業の多い職業・少ない職業は?全80業種、95職種別の残業時間調査!より)

2019年現在からするとデータは少し古いものとなりますが、やはり残業が多い業種にはIT業界の業種が2つもランクインしていますね。

時間的に見ると、公に申告している時間よりも実際の残業時間のほうが多い可能性もあります。

「上司から残業開始する前にタイムカードを切るように言われている」とか、「エクセル管理だから後からどれだけでも修正できるようになっていて、実際よりも少ない時間数で提出させられている」という人も中にはいました。

エンジニアは残業が多い理由は?

転職の女神 長女 転職の女神 長女

もちろん、エンジニアの残業時間が多い業種はあくまで「傾向」の話であり、すべての企業にあてはまるわけではありません。

転職でエンジニアを目指すときにはさまざまな角度から検討して、理不尽な残業が多い職場を避けることが賢明です。

そのためには、エンジニアが忙しくなる理由を理解しておきましょう。

  • まず、クライアントとの力関係が弱い企業はエンジニアにしわ寄せがいく可能性が高くなります。

多くの企業ができるだけ取引先に無理を聞いてもらって自社の都合がいいように案件を進めようとするのは一般的なビジネスの考えです。

多くのケースでは企業間の交渉によって妥協点が探られる傾向ですが、立場が弱い企業は要求を飲むことも多く技術職に無理をさせる結末となります。

求人情報を探す際には、取引先の情報まで頭に入れておくといいでしょう。

  • 次に、IT関係のエンジニアは仕事量が増える確率が高まります。

IT関係のエンジニアはより専門的な知識と技術が求められるうえ、前例のない作業を任せられることも珍しくありません。

1からシステムを開発したり構築したりする案件もあり、心身ともに疲弊しがちで、容量をはるかに超えた仕事量を任せられがちになることや、システムエンジニアの人手不足の職場も個人の負担が多くなり残業を多くしてしまいます。

振興のベンチャー企業などが立ち上げ直後には、陥りやすい問題のひとつだといえるでしょう。

残業の多い・少ないは、職場や職種によっても異なる

SE 長男SE 長男

エンジニアにとって、望ましい環境を見つけるのも転職の課題だよね。

各企業の勤務の現状など正確に情報収集する必要があるけど、外部から実態を知るのはなかなか難しいよね。

たとえば、一般企業の社内システムエンジニアはトラブルでもない限り平穏に過ごせる仕事といわれています。

日常業務としてはメールサーバーや社内セキュリティの調整、来るべき大きな案件に向けての勉強など、業務時間内に十分終わらせられるものが中心となります。

社内SEについてはこちら社内SE(社内システムエンジニア)になるには&転職するには?仕事と年収、残業時間は?社内SEが人気の理由へ。

上司の質もエンジニアの忙しさを決めるポイントです。

「仕事が終わったら他の人の残業を手伝う」「残業をして勉強に活かす」などのルールを設けている上司の下では、望まない残業が多くなると覚悟しましょう。



逆に上司が部下の労働環境に意識的で、会社をあげて環境改善に取り組んでくれる企業であれば、無駄な残業も減っていきます。

「学習は自宅で行う」「深夜残業した翌日は午後出社でもいい」などの決まりごとがあれば、エンジニアの生活も楽になるでしょう。

エンジニアの仕事量が多くなることを見越して、派遣社員やアルバイトを多く雇い1人あたりの作業量を減らそうとする試みもあり、もちろん人件費はかかりますが、残業代をカットできる効率を考えれば、収支はプラスになることもありえます。

非正規雇用の社員が成長し、正社員登用できるほどの実力を身につけてくれたなら、一石二鳥にもなるでしょう。

法律的には残業時間はどれくらいまで認められている?

エンジニアの残業が多くなっても、あまり残業代が少なかったり、まったく出なかったりする場合があります。

それは多くの企業で「見なし残業代」が採用されているからです。

企業は残業代が膨らみすぎると、給料が払えなくなり会社の存続に影響するため、あらかじめ基本給に「見なし残業代」を加えておきます。

理屈としては「残業代はあらかじめ払っているから残業があってもその度に請求しなくていい」というものですが、実際の残業代よりも少ない額に設定されていることが多い傾向です。

特に深夜残業が日常化した企業でもわずかな「見なし残業代」しか払っておらず、ブラック企業と呼ばれるようになったケースは後を絶ちません。

転職の女神 長女 転職の女神 長女

しかし企業側のリテラシーも変わりつつあり、労働基準法に基づいたエンジニアの環境が整備されつつあります。

労働基準法内の「時間外労働の限度に関する基準」では、「36協定」と呼ばれる時間外労働や、休日に関する社内規定を設けることが、すべての企業に義務づけられています。

そして1カ月で45時間、1年で360時間を越える残業に関しては手当てを払わなければいけないと定められており、これはたとえ短期契約社員であっても「36協定」は適用されています。

それにも関わらず「見なし残業代」にこだわり続け、社員に理不尽なサービス残業を強いる企業は、転職の候補先から外すことをおすすめします。

そういった企業にいつまで在籍していても意味がないので、もちろん対処法としては潔く転職してしまったほうがいいでしょう。

ただ、上司など会社側から強引な引き止めにあっていたり、悪質な残業隠蔽などがされていて自分では対処できない場合は、「労働基準監督署」に相談したりするのもいいでしょう。

労働基準監督署に相談すると、具体的なアドバイスがもらえたり、対処が難しい場合は会社への調査や勧告などを行ってくれます。

ただ、労働基準法に違反していることの証明ができたり、命に関わるような悪質な相談が優先されるので、相談した人全てが確実に実際に動いてもらえるわけではないことは覚えておいてください。

そのため、今すぐ解決に繋がるような対策としては、転職という道が最も早い手段となりそうです。

残業が多いことを理由に転職を希望する人も少なくない

これほどまでにエンジニアの労働時間が問題になっているにもかかわらず、いまだ不当な労働環境を押し付けてくる企業は少ないといえない現状があります。

しみついてしまった企業体質はすぐに改善できるものではなく、経営者には変革の意志があっても現場で対応できないこともありえます。

しかし、エンジニアからすると守られて当然の労働者の権利を侵されているわけであり、我慢できずに転職を考える人も増えてきました。

ちなみにFNN PRIMEのなんでも統計局の記事によると、全国1000人の男女に対し「システムエンジニアのイメージに関する調査」では、SEになりたくないと回答した人が85.2%という結果が出ていました。


(FNN PRIME20代30代はシステムエンジニアを敬遠する傾向に。理由は激務で残業が多い、専門性が高いからより)

その理由としては、「仕事がきつそう」、「ブラックなイメージ」、「長時間労働のイメージ」など、マイナスなものがとても多く挙げられていました。

SE 長男SE 長男

僕も将来のことを考えて、今より残業が少なく勤務環境が整っている職場を探して転職活動中です。

転職って不安も多いけど、ポイントを知っておけば今より状況が悪くなる可能性は低いんじゃないかな?

転職のポイントとしては、現在よりも労働環境が悪くない職場を選ぶことです。

「残業は少ないか」「クライアントの言いなりになっていないか」「上司とのコミュニケーションは円滑に行えるか」を事前に知っておきましょう。

ホームページや求人広告に載っているような明るい文句だけではなく、ネガティブな要素がないかも知っておきたいところです。

たとえば転職エージェントを利用すると、企業側からは発信できない情報も教えてもらえるので、有効活用したいところです。

そして仕事内容や給料、休日の多さなど優先項目をはっきりさせれば、高確率で理想的な企業とめぐり合うことはできるでしょう。

エンジニアはこの情報化社会を支える重要な仕事ながら、見合った待遇が受けられない風潮が目立っていましたが、近年では徐々に追い風が吹きつつあります。

現在の職場に不満があるなら、エンジニアに理解のある企業へと転職することでステップアップを果たせるでしょう!

転職の女神 長女 転職の女神 長女

転職が不安な人は、ITやWEB業界に特化した転職エージェントを利用すると、転職の成功率が上がると思います♪

転職エージェントは、抱えている求人企業の内部事情についてしっかり把握しているので、労働環境が悪い企業を避けることが出来るはずです。

ぜひ、上手に活用してみてくださいね!