40代の人の中にも、転職したいと思っている人はいるでしょう。
しかし年齢が気になって、ためらっているケースもあるのではないでしょうか。
失敗のリスクを考えると、うかつには転職を決められません。

40代の転職について、情報やコツをよく知っていれば決断するための材料になるでしょう。
そこで今回は、40代の転職に関する実情やノウハウなどを紹介します。



40代が転職する理由はどんなもの?

40代は、どのような理由で転職をするのでしょうか。
さまざまな理由がありますが、やはり40代という年齢が関係しているものが多いです。

たとえば、収入のアップもそのひとつです。
一般的に、40代は出費が増えやすい時期です。
特に結婚している場合は、子供関係で出費が多くなりがちといえます。

20代や30代で結婚した場合、40代で子どもは高校や大学に進学することになります。
学校の入学料や学費がかかりますし、塾代や仕送りなども必要になるしょう。

また、40代は多くの人が老後について意識しはじめる時期です。
現状の収入では、老後の備えを十分に行えないと気付くこともあります。
こういった背景があり、収入のアップが転職の理由になるのです。



キャリアアップのために転職する人もいます。
40代にもなると、今後のキャリアの見通しを立てやすくなります。

現状の会社にいても、出世できる見込みがないとわかるケースもあるでしょう。
そのような場合、キャリアアップの手段として転職を選ぶケースがあります。

また、リストラの不安を感じて転職するケースも見られます。
一般的に、若手より給与が高い40代はリストラの候補になりやすいです。
会社の経営状態が悪い場合は、リストラされる可能性を考えて転職するケースがあるのです。

さらに、親の介護が理由であるケースもあります。
40代のときに親の介護が始まることは珍しくありません。
実家に近い会社などに転職する人が見受けられます。

40代で未経験・異業種への転職は出来る?

40代であっても、未経験の異業種に転職することは可能です。
しかし、ハードルが高いことを理解しておいたほうが良いでしょう。

40代に限らず、異業種への転職は同業種への転職と比べると難しいです。
中途採用を行う企業は、即戦力を求めているのが一般的だからです。

未経験者を雇っても戦力になるまで時間がかかりますし、すぐに辞められてしまう可能性もあります。
つまり企業にとってリスクが高いので、積極的に雇われない傾向といえるでしょう。

ただし第二新卒などの若手であれば、未経験であってもポテンシャルに期待して、採用することは珍しくありません。
柔軟性があるので、社風や指導を受け入れやすく、今後の成長も見込めるからです。

しかし40代の場合はそうはいきません。
一般的に若手のような柔軟性はないので、社風になじめない恐れがあります。

指導をしても覚えるまで時間がかかる人や、自分のやり方を押し通そうとする人もいるでしょう。
そのような人の場合、戦力になるまで時間がかかってしまいます。
また同じ教育費をかけるなら、定年まで長く働ける若手を選んだほうがコストパフォーマンスが良いです。

このような事情があるので、一般的には40代が未経験の異業種への転職は簡単ではありません。
しかし、企業側がそのような先入観を持っていることを理解して対策すれば、採用される可能性を高められるでしょう。

ちなみにこちら年代別!転職回数は何回までOK?回数が多くても不利にならない履歴書、面接対策も参考にどうぞ。

40代が転職で失敗するリスクは?年収が下がることも?

転職で失敗するリスクについて、知っておくことも大切です。
たとえば転職したことによって、年収が下がってしまうケースがあります。

年功序列の賃金制度の企業で40代まで働いた場合、給与は入社時よりかなり高くなっているでしょう。
転職先での初任給がそれよりも少ないことは十分考えられます。
特に未経験の異業種へ転職した場合は、新入社員と同じような給与額まで下がってしまうケースも見られます。

また40代の場合は役職についている人も多いですが、転職先で役職が与えられるとは限りません。
その場合は役職手当がなくなった分だけ給与は安くなるでしょう。

単純に、会社の規模が小さくなったことで下がってしまう人もいます。
40代ということで、なかなか転職先が決まらずに条件を下げていった場合などです。



その他にも転職先になじめないリスクなども存在します。
転職先では、年下が上司になることも珍しくありません。
年下に指図されることに抵抗がある人もいるでしょう。

一緒に仕事をする社員が、全員年下というケースもあります。
そのような場合は上手く人間関係を気付けずに、孤独を味わうことになるかもしれません。

また、残業が増えたり通勤距離が長くなったりするリスクも考えられます。
平気だと思って転職をしても、40代になって体力が衰えている場合、想像以上につらく感じることがあります。

40代ならではの強みを活かして転職成功へ!

転職を成功させたいなら、40代ならではの強みを活かしましょう。
当然ですが40代は、30代や20代より経験が豊富です。
長い時間をかけて培われたスキルや知識を持っていると考えられます。

若手にスキルや知識を伝えて成長させるのも、40代に求められる役割のひとつです。
そのため面接では、自分の持っているスキルや知識について詳しく説明することが大切といえます。

同業種への転職では、大きなアピールポイントになるでしょう。
異業種への転職でも、活かせそうなスキルや知識を見つけてアピールすると良いです。

また、困難な課題を解決できる能力があることを示すのも重要なポイントでしょう。
会社で働いていると、さまざまな難しい状況が発生します。
経験が少ない若手だけでは、対処しきれない課題も少なくありません。

そのような状況を打破できる人材は、企業内で高く評価されます。
以前の会社で難しい課題を解決してきた実績を伝えると、頼もしい人物であるという評価が得られやすいでしょう。



さらに、マネジメントの経験をアピールするのも忘れてはいけません。
40代であれば、部下を管理するポジションについている人も多いです。

マネジメントの能力やリーダーシップは、一朝一夕で身につくものではないので、部下を率いた経験があると重宝されます。
部下の数や担当したプロジェクトの規模などを、具体的に説明しましょう。

キャリアを活かした転職に強い!転職エージェントの利用は必須

転職において、40代が若手より不利になりやすい面があることは事実です。
しかし転職エージェントを上手く利用すれば、成功する可能性を上げられます

転職エージェントはたくさん存在しますが、キャリアを活かした転職に強いところを選びましょう。
特にキャリアとスキルの棚卸しが必要だと感じている場合は、早めに転職エージェントを利用したほうが良いです。

それらを明確にしておかないと、40代ならではの強みをアピールできません。
転職エージェントのアドバイスにしたがってキャリアとスキルを整理したら、どのような方針で転職活動を進めていくのか相談しましょう。



40代の場合、会社での責任が大きくて仕事も忙しいという人が多いのではないでしょうか。
そのため、自分だけで転職活動を行うと、なかなか進まないケースも多いと考えられます。

その結果、年齢だけが重なっていき、もっと不利な状況になってしまうかもしれません。
そのような事態を避けるには、転職エージェントを利用して計画的に進めていくことが大切です。

履歴書の作成や面接の対策など、さまざまなサポートを受けられます。
わからないことがあれば積極的に質問しましょう。

転職エージェントについてはこちら転職エージェントと転職サイトとの違いは?どちらを利用するべき?メリットとデメリットへ。

転職の女神 長女 転職の女神 長女

転職エージェントは、未経験の40代を積極的に採用している業界や企業など、1人で転職活動をしていては得られない情報も教えてもらえます。
40代で転職に興味がある方は、リスクばかりを気にするのではなく、ぜひ自身のキャリアや強みにも目を向けてみてください。