40代であっても、働いていて転職について考えることもあると思います。

しかし、40歳からの転職で気になるのは、やはり年齢についてでしょう。

20代や30代の頃と比べて40代の転職ともなれば、若い時のようにはいかないでしょうし、「この年齢から採用してくれる会社なんてあるんだろうか…」、「40代でも再就職は可能なのか…」と、不安になってしまう人がとっても多いです。

今仕事をしている人は、転職失敗のリスクを考えると、どうしても行動をためらってしまい、なかなか納得出来るように進められていないのではないでしょうか?

そこでこのページでは、40代の転職についての現状や離職の動向、そして40代の転職の失敗リスク、転職成功のポイントなどについてお話していきます。

しっかりと情報を得て、みなさんが納得して決断できる材料を見つけてくださいね。



40代はどれくらいの人が実際に転職してる?

SE 長男SE 長男

僕のイメージだと、転職している人って若い世代が多いイメージで、40代以上の人が転職している印象ってあまりないんだけれど、40代以上の人って転職している人ってどれくらいいるんだろう?


転職の女神 長女 転職の女神 長女

確かに転職者数について見てみると、10代や20代など若い世代のほうが数は多いけれど、40代以上、50代以上、60代以上でも転職している人はいるの。

実際の統計データを見てみましょう。



(総務省統計局より)

これを見ると、例えば35歳から44歳の人は2018年だと65万人、45歳から54歳までの人は55万人、55歳から64歳までの人は49万人もの人が転職していることがわかります。

どの時代においても、転職者数は若い世代のほうが多いものの、40代以上であってもこれだけ多くの人が転職をしているということです。

40代が転職する理由はどんなもの?

40代は、どのような理由で転職をするのでしょうか。

これについては、こちらの調査結果を御覧ください。


(厚生労働省令和元年上半期雇用動向調査概況より)

令和元年上半期雇用動向調査概況によると、転職入植者が前職を辞めた理由として、40歳から44歳の40代前半で最も多いものは「会社の将来が不安だった」が16.1%、次に「職場の人間関係が好ましくなかった」が10.1%、「能力、個性、資格を生かせなかった」が9.7%となっています。(その他の理由を除く)

次に、45歳から49歳の40代後半で最も多い退職理由としては、「労働時間、休日等の労働条件が悪かった」が14.3%、次に「定年、契約期間の満了」が13.8%、「会社の将来が不安だった」が9.1%となっています。(その他の理由を除く)

40代の前半と後半でも前職を辞めた理由に違いがあるのがわかりますが、どちらにも上位に「会社の将来が不安だった」という退職理由が含まれていますね。

また、他にも参考になりそうな資料を見つけましたので紹介します。

エン転職の「退職を考え始めたきっかけ(退職理由)」というアンケート調査によると、このような結果になっていました。


(エン転職退職を考え始めたきっかけ(退職理由)より)

この調査では、40代以上の人が退職理由としてもっとも多く挙げているのが「やりがい・達成感を感じない」という理由で、次に「人間関係が悪かった」、「企業の将来性に疑問を感じた」、「給与が低かった」などがあります。

調査をしている場所によって多少順位は前後するものの、どちらでも同じような理由が挙げられていることがわかりますね。

さまざまな理由がありますが、やはり40代という年齢が関係しているものも多く、一般的に40代は出費が増えやすい時期であり、特に結婚している場合は、子供関係で出費が多くなりがちといえます。

20代や30代で結婚した場合、40代で子どもは高校や大学に進学することになり、学校の入学料や学費がかかりますし、塾代や仕送りなども必要になることや、多くの人が老後について意識しはじめる時期でもあり、現状の収入では老後の備えを十分に行えないと気付くこともあります。

こういったことから、収入のアップが転職の理由となる背景があります。

ちなみに転職サイトdodaの調べによる40代の平均年収としてはこんな感じになっていました。


(doda平均年収ランキング 最新版【年齢別】より)

職種別の平均年収としてはこちらです。


(doda平均年収ランキング 最新版【年齢別】より)

あくまでも平均ではありますが、自分の今の給料や所持スキルなどと比較してみてかなり差がある場合には、やはり自分の収入についてもう一度考え直してもいいでしょう。



また、40代にもなると、今後のキャリアの見通しを立てやすくなることから、キャリアアップのために転職する人もいますね。

現状の会社にいても、会社の将来性に期待が出来なかったり、これ以上出世できる見込みがないと判断出来る場合、そのような場合はキャリアアップの手段として転職を選ぶケースがあります。

また、経営状態の悪化などから、リストラの不安を感じて転職するケースも見られます。

一般的に、若手より給与が高い40代はリストラの候補になりやすく、予期せぬタイミングでリストラを告げられることを避け、前持って準備しつつ前持って転職するケースがあるのです。

その他、40代のときに親の介護が始まることは珍しくなく、親の介護など家庭の事情が退職理由であるケースもあります。

40代以上の転職は、年齢が不利にならないのか?

転職の女神 長女 転職の女神 長女

やはり、40代以上の人で多くの人が心配しているのは『年齢』のこと。

もちろん転職に成功している人は20代が最も多いものの、40代以上でも転職に成功している人はちゃんといるんですよ。


例えば、少し古いデータにはなりますが、2018年に実施されたマイナビの中途採用業務の実績調査では、「勤務先にて直近3年間に中途採用した職種の年代別の採用状況」として、このような結果が出ていました。


(マイナビ中途採用業務の実績調査より)

これによると、中途採用としては30代が最も多いものの、40代、50代、60代以上の採用の実績もしっかりとあることがわかります。

さらに、こちらのdodaの調査結果も併せて見てみましょう。


(dodaみんなは何歳で転職している?転職成功者の年齢調査(2019年上半期)より)

転職に成功した人の内訳としては、やはり25歳から29歳の働き盛りの年齢が最も高くなってはいますが、30歳から34歳が2019年上半期で23.1%、35歳から39歳は12.8%、40歳以上は14.4%もいるんです。

さらに2018年下半期と比べてみると、40歳以上の転職成功者の割合は少しですが上昇していることもわかります。

また、職種別で転職成功者についての平均年齢を見てみた場合、企画・管理系や専門職系、技術系など、一定の経験やスキルが求められるような多くの仕事において、平均年齢は30代以上なのがわかります。


(dodaみんなは何歳で転職している?転職成功者の年齢調査(2019年上半期)より)

平均年齢が30代になっているということは、おのずと40代でも転職に成功している人はそれなりの数がいることになり、自分のスキルや知識、技術が活かせるものであれば、むしろ年齢は高いほうが転職に有利になるケースもあるということではないでしょうか。

さらに職種ごとの転職成功者の年齢割合を見てみると、こんな感じになっています。


(dodaみんなは何歳で転職している?転職成功者の年齢調査(2019年上半期)より)

やはり25歳から29歳の年齢割合が最も高いものの、40歳以上の年齢でも転職に成功している人はしっかりと存在しますよね。

この転職成功者にあなたが入ることが出来るかどうかは、もちろん40代に合わせた転職のコツやポイントを知っておく必要がありそうです。

40代で未経験・異業種への転職は出来る?

40代であっても、未経験の異業種に転職することは可能です。
しかし、ハードルが高いことを理解しておいたほうが良いでしょう。

40代に限らず、異業種への転職は同業種への転職と比べると難しいです。
中途採用を行う企業は、即戦力を求めているのが一般的だからです。

未経験者を雇っても戦力になるまで時間がかかりますし、すぐに辞められてしまう可能性もあります。
つまり企業にとってリスクが高いので、積極的に雇われない傾向といえるでしょう。

ただし第二新卒などの若手であれば、未経験であってもポテンシャルに期待して、採用することは珍しくありません。
柔軟性があるので、社風や指導を受け入れやすく、今後の成長も見込めるからです。

しかし40代の場合はそうはいきません。
一般的に若手のような柔軟性はないので、社風になじめない恐れがあります。

指導をしても覚えるまで時間がかかる人や、自分のやり方を押し通そうとする人もいるでしょう。
そのような人の場合、戦力になるまで時間がかかってしまいます。
また同じ教育費をかけるなら、定年まで長く働ける若手を選んだほうがコストパフォーマンスが良いです。

このような事情があるので、一般的には40代が未経験の異業種への転職は簡単ではありません。
しかし、企業側がそのような先入観を持っていることを理解して対策すれば、採用される可能性を高められるでしょう。

ちなみにこちら年代別!転職回数は何回までOK?回数が多くても不利にならない履歴書、面接対策も参考にどうぞ。

40代が転職で失敗するリスクは?年収が下がることも?

転職で失敗するリスクについて、知っておくことも大切です。

たとえば転職したことによって、年収が下がってしまうケースがあります。

年功序列の賃金制度の企業で40代まで働いた場合、給与は入社時よりかなり高くなっているでしょうが、転職先で1からスタートする際の初任給がそれよりも少ない可能性も考えられます。

特に未経験の異業種へ転職した場合は、新入社員と同じような給与額まで下がってしまうケースも見られます。

もちろん経験やスキル、実績などを評価されて採用された場合は、前職の給与同等あるいはそれ以上の給与での採用も可能かもしれませんが、そのような場合は採用時の給与交渉を自分で行う必要があり、そういった交渉を苦手に感じる方は、好条件での採用は難しいかもしれません。

また40代の場合は役職についている人も多いですが、転職先で役職が与えられるとは限らず、その場合は役職手当がなくなった分だけ給与は安くなるということもあるでしょう。

単純に、会社の規模が小さくなったことで給与が下がってしまう人もいるほか、退職したもののなかなか次の転職先が決まらずに、無職期間を長引かせるのを恐れて、希望条件を下げていった場合なども給料が低下する可能性が考えられます。

そういった事態を避けるためには、働きながら転職活動を開始しておくのがおすすめです。

そうすることで今の会社の勤務状況と冷静に比較することが出来たり、履歴書に無職の空白期間を作ることがないからです。

これについては、こちら有利な転職活動は働きながら(在職中)?辞めてから(退職後)?メリット&デメリット!会社にバレる?在職中の退職日や入社日の答え方、企業の印象は?を参考にしてください。



その他にも、これは40代以上に限ったことではありませんが、転職先になじめないリスクなども存在します。

転職先では、年下の人が上司になることも珍しくなく、自分よりも年下に指図されることに抵抗がある人もいるでしょうし、一緒に仕事をする社員が、全員年下というケースもあります。

そのような場合は上手く人間関係を気付けずに、孤独を味わうことになるかもしれません。

また、残業が増えたり通勤距離が長くなったりするリスクも考えられ、平気だと思って転職をしても、40代になって体力が衰えている場合、想像以上につらく感じることがあります。

このように、40代に限ったことではないですが転職によって考えられるリスクと、ミドル世代ならではのリスク両方が存在します。

やはり転職するにあたっては好転することだけではなく、人によっては勤務条件や環境が悪化する可能性があることも頭に入れておきましょう。

そのためには、事前にしっかり準備することや転職エージェントなど転職のプロのサポートを受けるのもアリでしょう。

40代ならではの強みを活かして転職成功へ!

転職を成功させたいなら、40代ならではの強みを活かしましょう。

当然ですが40代は、30代や20代より経験が豊富であり、長い時間をかけて培われたスキルや知識を持っている人材であると企業からも考えられます。

こちらの資料を見てもらうとわかるように、40代から60代のミドル・シニア層を企業が採用した理由は、40代、50代、60代どの年代においても「豊富な経験」を1位に挙げています。


(マイナビ中途採用業務の実績調査より)

また、2位の理由に「年齢は関係ない」と挙げられているのも注目すべき点であり、40代と50代の3位の理由には「専門性が高い」となっていました。

上位の理由を見ると、「モラルや責任感が高い」や「様々な環境に適応できる」など、若い世代にはないミドルシニア世代だからこそ期待できる要素が含まれていますね。

若手にスキルや知識を伝えて成長させるのも、40代に求められる役割のひとつであり、面接では自分の持っているスキルや知識について詳しく説明することが大切といえます。

同業種への転職では、この世代だからこそ大きなアピールポイントになるでしょうし、異業種への転職でも、活かせそうなスキルや知識を見つけてアピールすると良いです。

また、困難な課題を解決できる能力があることを示すのも重要なポイントです。

会社で働いていると、さまざまな難しい状況が発生しますが、経験が少ない若手だけでは、対処しきれない課題も少なくありません。

そのような状況を打破できる人材は、企業内で高く評価され、以前の会社で難しい課題を解決してきた実績を伝えると、頼もしい人物であるという評価が得られやすいでしょう。



さらに、マネジメントの経験をアピールするのも忘れてはいけません。

40代であれば、部下を管理するポジションについている人も多く、マネジメントの能力やリーダーシップは、一朝一夕で身につくものではないので、部下を率いた経験があると重宝されます。

部下の数や担当したプロジェクトの規模などを、具体的に説明するのがおすすめです。

例えば、40代後半などでも比較的未経験での転職がしやすいのは介護職や営業職などです。

特に介護職は60代以上の人も多く活躍しているほどで、正社員だけではなくパートなど働き方もさまざまなことからミドルシニア世代の新たな転職先として人気が出ています。

介護職についてはこちらのページ未経験、無資格で、異業種から介護職への転職は難しい?40代や50代も転職しやすい?有利な資格はある?未経験・無資格の介護職の仕事内容と、資格を持っている人との違いは何?へどうぞ。

キャリアを活かした転職に強い!転職エージェントの利用は必須

転職において、40代が若手より不利になりやすい面があることは事実です。

しかし転職エージェントを上手く利用すれば、成功する可能性を上げることができるため、とてもおすすめです。

転職エージェントはたくさん存在しますが、キャリアを活かした転職に強いところを選びましょう。

特にキャリアとスキルの棚卸しが必要だと感じている場合は、早めに転職エージェントを利用したほうが、40代ならではの強みをアピールできることに繋がり、準備もしっかりと行えます。

転職エージェントのアドバイスにしたがってキャリアとスキルを整理したら、どのような方針で転職活動を進めていくのか相談しましょう。



40代の場合、会社での責任が大きくて仕事も忙しいという人が多く、自分だけで転職活動を行うとなかなか進まないケースも多いと考えられます。

その結果、年齢だけが重なっていき、もっと不利な状況になってしまうかもしれません。

そのような事態を避けるには、履歴書の作成や面接の対策、そして企業との面接日程の調整や採用条件の交渉など、さまざまなサポートをしてくれる転職エージェントを利用して、計画的に進めていくことが大切です。

転職エージェントについてはこちら転職エージェントと転職サイトとの違いは?どちらを利用するべき?メリットとデメリットへ。

転職の女神 長女 転職の女神 長女

転職エージェントは、未経験の40代を積極的に採用している業界や企業など、1人で転職活動をしていては得られない情報も教えてもらえます。

40代で転職に興味がある方は、リスクばかりを気にするのではなく、ぜひ自身のキャリアや強みにも目を向けてみてください。