20代という若い年齢で、すでに今「仕事を辞めたい」、「他の会社に転職したい」と考えている人は、少なくありません。

もちろん入社するときには誰もがしばらくしたら辞めようと思って会社を選ぶ人はいませんし、会社に入るときにはそれなりに覚悟を決めて入社したとしても、入社する前にはわからなかったような問題に直面してしまったり、自分ではどうにも解決できないような悩みが生まれてしまうこともあるでしょう。

そこで転職を考え始めたときに気になるのが、「20代でこんなすぐに転職してタイミングは大丈夫なのか?」や、「20代で転職するとしたら何年目がいいのか?」、さらには「20代の転職回数は、何回までなら大丈夫なのかな?」などだと思います。

このページでは、20代の転職のタイミングや時期、成功のコツのほか、20代の転職回数は何回までなら合否に影響しないのか?など転職回数についても解説していこうと思います。



20代ならではの仕事の悩み!転職理由に多いのは?

20代で社会人となって会社の組織の一員となり、初めて誰かの下で働くということを経験した人も多いのではないでしょうか。

学生時代の頃にアルバイト経験があったとしても、その時はただシフトに入っている時間だけ時給をもらい、指示された作業をしていれば良かったと思いますが、やはり1人の社会人として働き始めると、それに伴って責任や悩みがつきもので、アルバイト時代とは比べ物にならない大変さを感じていると思います。

今までのような学生気分でもいられず、それなりに仕事への熱意はあったつもりでも、働いているうちに次第に悩みが大きくなり、気がついたら我慢が出来ないほどにまで追い詰められていることがあります。

SE 長男SE 長男

僕も新卒で希望の会社には入社したものの、今では仕事を辞めたくて転職活動をしているよ。

みんなはどんな理由で悩み、転職しようと思っているのかな?

転職の女神 長女 転職の女神 長女

20代ならではの仕事の悩みとして多いのが、「人間関係が上手くいかない」、「単純に仕事が面白くない」、「自分にとって適職かどうか分からない」、「同年代と比較してみると、年収が低い」などといったことが挙げられます。

初めて社会に出たからこそ理想とのギャップを感じたり、社会人経験が浅い今だからこそまだ自分に合う合わないの判断が難しいところがあるわね。



実際に、20代のみんなが「どんなことがきっかけで退職を考え始めたのか」について、転職サイトとして有名なエン転職にてアンケートが取られていたので、見てみましょう。

20代や30代、40代の年代別に多い退職理由を見ることができ、20代はこのアンケートで言うと青い数値になります。


(エン転職第60回 テーマ:「退職の進め方」についてより)

これを見ると、20代の人たちが退職を考え始めたきっかけ(退職理由)としては…

  • 1位:給与が低かった
  • 2位:やりがい・達成感を感じない
  • 3位:会社の将来性に疑問を感じた
  • 4位:人間関係が悪かった
  • 5位:残業・休日出勤など拘束時間が長かった
  • 6位:自分の成長が止まった・成長感がない
  • 7位:評価・人事精度に不満があった
  • 8位:社風や風土が合わなかった
  • 9位:やりたい仕事ではなかった
  • 10位:業界・企業の将来性が不安だった

という感じのランキングになっていますね。

ざっとこれらの理由についてちょっと見てみましょう。

(1位)給料が低かった

もちろん仕事をする上ではお金が全てではないものの、仕事が忙しかったりキツかったりした時に給料がモチベーションの維持になったり、次のボーナスを楽しみに仕事が頑張れたりと、仕事を頑張ろうと思える要素として給料は大きく関わっていると思います。

一生懸命仕事を頑張っていても、それに見合う分の収入がもらえていなければ、「なんのために頑張っているんだろう」と思えてきますし、満足する給料をもらえていれば、どんどん仕事を頑張ろうと思えるものです。

ただ一言で”給料が低い”と言っても、その基準は人それぞれなので一概には言えませんが、まず参考にしてほしいのは20代の平均年収です。

現在最新のデータとして、平成30年の民間給与実態統計調査を見ると、このような結果となっていました。


(国税庁民間給与実態統計調査 より)

これを見ると、男性の場合の平均年収は20歳から24歳までが284万円、25歳から29歳までが404万円となっており、25歳を過ぎてからかなり大幅に年収が上昇しています。

次に女性の場合の平均年収は、20歳から24歳までが249万円、25歳から29歳までが326万円と、男性よりは低いものの、こちらも25歳を過ぎてから約100万円ほど上昇していることがわかります。

とは言っても、なかなか自分の年収とイメージがしにくいと思いますので、次は転職サイトdodaの調査データを見てみましょう。


(転職サイトdoda平均年収ランキング 最新版【年齢別】より)

これによると、男性も女性もどちらも20歳から21歳、22歳、23歳、24歳、25歳、26歳、27歳、28歳、29歳と1歳ずつ年齢が上がるにつれて、少しずつ平均年収も上がっていっていることがわかります。

年収の分布として見ると、20代の年収で最も多いのは300万円から400万円未満が全体のうち38.5%を占めており、次に多いのが300万円未満の31.9%となっています。

どうでしょうか?

自分の今の年齢と照らし合わせてみて、平均くらいのお給料がもらえているでしょうか?

また、年収の分布でどこに入るかも給料が低いかどうかを判断するポイントになりそうですね。

もし、年齢相応の平均年収とはかけ離れて低い場合は、本来ならその年齢で一般的に受け取れるはずの金額がもらえていないということなので、転職の意味はあるかもしれませんね。

(2位)やりがい・達成感を感じない

仕事のやりがいや達成感を感じないという理由が、20代の退職理由の2位にランクインしています。

仕事というのは、自分が楽しいと感じられたり興味のある内容だったり、もっと技術を身に付けたい!と思えるような仕事であれば、おのずとそれがモチベややる気に繋がり、周りからも「積極性があっていい子だ」とか「やる気や熱意が伝わってきていい人材だ」と良い評価を受けやすくなります。

しかし、楽しいと感じられなかったり、やりがいや達成感すら得られないような仕事だと、それが自然と仕事への姿勢や向き合い方、仕事の効率などにも影響してしまい、周りからの評価や仕事の進行度にも繋がってしまいます。

仕事で大切なことはいろいろありますが、私は特に”自分に合っているか、自分に向いているか”は若い時は特に重要だと思っています。

というのも、自分に合っている仕事だと、自然と仕事で成果も出しやすく、高い評価が得やすい傾向にあるため、結果的にそれが昇給などにも影響することになるからです。

自分に合っていない、向いていない仕事だと、どんなに頑張っても不向きなものは良い成果を出しにくくなり、若いうちに昇給の土台を作り上げなければならないのに、評価を得にくくなってしまいます。



例えば学生時代の勉強や宿題で置き換えてみると、得意な教科はサクサクと終われるのに、苦手な科目だとこなすのに時間もかかり、テストの点数も悪かったことと同じだと思います。

つまり、自分に向いている仕事、自分に合っている仕事を1歳でも若いうちから見つけ、より早く仕事で良い成果を出すことが、今後の自分の年収や昇給、キャリアアップにも繋がりやすいということです。

(3位)会社の将来性に疑問を感じた

会社の将来性に疑問を感じたというのは、今はまだいいかもしれませんが、将来的に困ることになるのは自分ですよね。

例えば、せっかく今の会社で良い成果を出し昇給の階段を登る途中だったとしても、先の将来で会社に期待が出来ないような状態なら、最悪の場合は会社が倒産してしまって30代や40代などで1から転職先を探さなければならない事態となったり、露頭に迷ってしまうことも考えられます。

会社の経営状態や方向性に疑問があるならば、この先自分が準備していない状態で突然まさかの事態が起きる前に、対策を整えておくほうが得策でしょう。

(4位)人間関係が悪かった

人間関係の悩みというのは、その職場で働いている本人にしかわからない、とても深刻な悩みでもあったりします。

例えば自分の上司が信頼・尊敬できないような存在であったり、職場の同僚などがいじめや陰口を言うような人だったり、職場そのものの雰囲気が悪く、仕事をしているだけでも空気が重くなってしまうようなところにいると、仕事の質にまで影響してきてしまう問題です。

仕事をする上では周りの人間との関わりは切っても切れないもので、そういった人間関係が悪い職場で我慢しながら働いていると、最悪の場合はうつ病などの精神的疾患にかかってしまうこともあります。

うつ病についてはこちら「仕事辞めたい…死にたい…」無理してうつ病(鬱)に?症状チェックリスト。退職・転職・休職・病院を受診するべき?「傷病手当金」とはどんな制度?受給条件や支給額、期間、申請、診断書についてへ。

また、人間関係で悩む人の中には、セクハラやパワハラなどの被害を受けており、仕事を辞めるか悩む前に一刻も早く転職したほうがいいケースもあります。

セクハラについてはこちら「セクハラが原因で仕事辞めたい」セクハラ定義と具体例(事例)、対処法は?加害者を退職勧奨させる?外部の相談窓口も紹介!会社都合など転職のポイントと退職理由の答え方へ。

パワハラについてはこちら絶対に我慢はダメ!上司などの「パワハラ」が嫌で仕事を辞めたい人がするべき対処法と対策!退職させてもらえない時の対処や、外部の相談窓口も紹介!へ。

人間関係の悩みは、本人が感じている以上にストレスがかかっていることがあり、解決しようと思っても自分1人ではなかなか解決できないことのほうが多く、そういった場合には転職してその職場から離れることが1番の解決策でもあります。

(5位)残業・休日出勤など拘束時間が長かった

残業時間や休日出勤の多さについては、20代でなくとも悩む人がとても多い問題です。

例えば面接で最初に聞いていた時間よりも明らかに多かったり、残業するのが当たり前のような社風になってしまっていたり、あるいは残業してもサービス残業で残業代がほとんど出なかったりするケースもあるでしょう。

中には残業代を稼ぐためにわざと残業していく人もいますが、度を越えた残業時間や休日出勤などは、無理して続けていると過労で体調を崩してしまったり、精神的な部分にダメージが出てしまったりもします。

若い時ならなんとか若さだけで乗り越えることが出来ても、それが30代、40代になってもずっと続く…と思うと、どうでしょうか?

今のうちに残業時間が少なく、勤務時間の拘束が今より少ない会社に転職しておくのも、自分の人生設計において大切なことかもしれませんね。

20代という若手のころは、毎日の仕事を通して知識を身につけたりスキルを磨いたりさまざまなことを体感して、経験値を高めていくということは非常に大切なことです。

さまざまな理由を抱えて転職すると決断した場合であっても、キャリアプランについて考慮して具体的な行動を起こすようにしましょう。

仕事を辞めたい理由についてはこちら仕事を辞めたい!転職したい!みんなの理由と本音、会社にはどう伝えた?も参考にしてください。

みんなは入社何年目で辞めてる人が多いの?

「最近の若者は、入社3年以内で会社を辞める」などといったことは、雑誌やニュースなどでよく報じられていることですから、1度くらいは見聞きしたことがあるという人もいるでしょう。

厚生労働省が発表した、2012年3月に卒業した新規学卒者の卒業後3年以内の離職状況について取りまとめた「新規学卒者の離職状況」によると、入社3年以内に退職する人の割合は大学卒では32.3%、短大卒で41.5%、高校卒で40.0%となっています。

このデータから見ても分かるように、入社3年以内で退職している若手は30%程度いると考えられます。

それと比較し、2020年現在最新のデータである平成30年までのわかりやすい統計データを見つけたので、ご紹介します。

まずはじめに、こちらは中学卒業後と高校卒業後に就職し、3年以内の離職率を調べたものです。



中学卒業者の場合、平成28年には41.1%が入社1年目に退職し、13.6%が入社1年目に退職、7.7%が入社3年目に退職しており、合わせると全体の64.2%が入社して3年目以内に仕事を辞めています。

ちょっとわかりにくいので、グラフにしてみたものがこちらです。



次に、高校卒業者の場合、平成28年では17.4%が入社1年目、11.7%が入社2年目、10.1%が入社3年目に退職しており、全体のうち39.2%が入社3年以内に離職していることがわかります。

こちらもグラフで見ると、こんな感じです。



続いて、短大卒業者と大学卒業者の就職後3年以内の離職率のデータがこちらになります。



グラフにしたものがこちらで、短大卒者は平成28年の場合、17.5%が入社1年目、12.4%が入社2年目、12.0%が入社3年目に離職しており、合計41.9%が入社してから3年以内に離職しています。



次に大学卒業者の場合、11.4%が入社1年目、10.6%が入社2年目、10.0%が入社3年目に離職しており、合計32.0%が入社してから3年以内に会社を辞めています。



また、エン転職の調査によると、20代で転職したことがある人は48%、ない人が52%となっていたので、だいたい半々くらいの人が転職経験があると言えそうです。


(エン転職第60回 テーマ:「退職の進め方」についてより)

どうでしょうか?

「入社してすぐには辞めないほうがいい」という人ももちろんいますが、かなり多くの人が入社して1年目、2年目、3年目にして辞めている人は少なからずいるということです。

入社して3年は働くべき?入社して3年以内の転職は不利なのか?

マイナビ転職の「転職するなら、とりあえず3年働いてからだと思うか?」というアンケートでは、そう思うと答えた人は28.3%、どちらかと言えばそう思うと答えた人は31.9%、思わないと答えた人は23.0%、どちらかと言えばそう思わないと答えた人は16.8%という結果が出ています。


(マイナビ転職転職は「とりあえず3年」働いてから? 入社3年以内の転職は不利? アンケートで分かった意外な事実とはより)

入社して3年は働いたほうがいいという意見もあれば、無理して働いて身体的・精神的にダメージを受けるくらいなら早期に対処したり、転職の機会を逃さないほうがいいという意見もありました。

私がいろいろ調べた中では、もちろん自分の仕事経験を身につけるためにも3年は働いたほうが不利にならないんじゃないかという見解もありましたが、必ずしも3年以内の転職が不利になるわけではないと思います。

でなければ、はじめに紹介した国税庁のデータにあるような人数の人が、入社して1年や2年、3年以内で離職はしていないでしょうし、実際に20代のうちに何回も転職をしてきた私の経験からしても、しっかりとした理由と目標、得たものが話せれば、3年以内の転職が不利だとは感じませんでした。

すなわち、大切なのは3年耐えたかどうかではないということです。

例えば3年以内の転職であっても、”勤務した期間にどんなことを経験し、どんなスキルを習得し成長したのか”、”こんな理由と目標があって転職を決めた”、などが面接官にしっかりと話せれば、不利にはならないと思います。

入社して3年我慢して転職をしようとしても、3年の勤務年数に相応するような知識や技術を持っていなかったり、「この3年で何を学んだんだ?」と思われるような成長しかなければ、入社して3年耐えたところで同じことなのです。

最近では、第二新卒や中途採用の求人を専門に扱っているような転職サイトが多くなってきており、ということは第二新卒や中途採用を歓迎している企業もそれだけ増えているということです。

「入社して3年は我慢して働いた」というだけが採用を決めることにはなりませんし、そこだけに拘っているのはあまり良いことではないかもしれませんね。

20代の転職回数は何回までならいい?

転職の時期やタイミングの他に気になるのは、転職の回数。

一昔前までは、新卒で入社した会社で定年まで働き続けるという考え方を持った人も少なくなく、年配の人たちは未だにそういった考え方を持った人もいるかもしれません。

しかし、ここまでお話してきたように、転職をすることは決して悪いことではなく、自分の人生にとっては必要な転機となるケースももちろんあります。

では、社会人経験がまだ浅い20代の場合、転職回数は何回くらいまでなら一般的なのでしょうか?

リクナビネクストが行ったアンケートによると、20代では70%の人が転職経験なしと答えたものの、転職を1回した人は16%、6回した人は6%、3回した人は2%、そして20代のうちに4回から5回転職した人もいる結果が出ていました。


(リクナビネクスト転職回数が多いと不利?年代別の転職回数と採用実態より)

やはり20代、30代、40代、50代と年代が上がるにつれて転職経験がある人はどんどん増加傾向にありますね。

SE 長男SE 長男

とは言うものの、実際に採用をする企業側がどう感じるかは別だよね。

企業の採用担当者の人は、転職回数は何回目から気にするのかな?


これについても、リクナビネクストの同ページ内の企業の採用担当者への「転職歴、何回目から気になりますか?」というアンケートによって、このような結果が載っていました。


(リクナビネクスト転職回数が多いと不利?年代別の転職回数と採用実態より)

これによると、最も多かったのは「3回目から気になる」と回答した人が40%で、次に多かったのが「4回目」の16%、3位が「気にならない」と回答した15%、4位が「5回目」の12%、5位が「2回目」の8%、6位が「6回目」の4%という結果でした。

これが3位に「気にならない」と回答している採用担当者もいるということが少しびっくりですよね。

実際の採用実績を見ると、3回以上転職を経験した人を採用したことがあるのが28%、4回以上転職した人を採用したことがあるのが22%、5回以上転職したことがある人を採用したことがあるのが22%、6回以上の転職経験者を採用したことがあるのが7%、そして7回から9回転職を経験した人を採用したことがあるのが6%、中には10回以上転職した人を採用したことがあるのが6%という結果も出ていました。


(リクナビネクスト転職回数が多いと不利?年代別の転職回数と採用実態より)

ということは、企業側は「3回目から気になる」と回答した人が多かった結果にはなったものの、実際には転職回数が3回以上経験している人も採用している実績があり、気にはしているものの転職回数が合否を決める決定打にはならないということではないでしょうか。

もちろん、その企業によってどういった点を重視して採用しているのかはそれぞれだと思うので、中には20代で転職回数が1回でもあったら気になるような採用担当者もいるとは思いますが、実際の採用実績が証明している通り、転職回数が何回かあったとしても、それをカバーするだけの人間性や経験値、熱意、正当な転職理由などがあれば、十分に採用の可能性はあるということが言えると思います。

例えば大手の「GMOインターネット株式会社」の採用担当者は、転職回数が多い人に対して「退職理由についてきちんと説明できればマイナス評価にはならない」と回答していることもあり、やはり大切なのは転職回数ではなくいかにそこをカバーできる力があるかということでしょう。

転職回数が多い求職者を、企業の人事担当者がどう見ているのかについては、マイナビ転職のこちらのページ何回までOK? 転職回数が多くても「内定」を勝ち取る方法で詳しく載っていたので、気になる方はそちらも読んでみるといいでしょう。

また、転職の女神のページでも転職回数についてこちらのページ年代別!転職回数は何回までならいい?回数の数え方、ごまかすとばれるのか?回数が多い人が不利にならない職務経歴書の書き方、面接のコツ!で詳しくお話していますので、ぜひ参考にしてくださいね。

20代の転職にベストなタイミングは?

若手が転職活動を行うときには、ベストな時期を見計らって行動することがポイントとなります。

転職するときには、転職の目的や自身の経験、スキル、キャリアなどによって転職をするベストなタイミングは異なります。

新卒の転職についてはこちら新卒でも仕事辞めたいと思ったらどうする?入社一年は短い?新卒で転職するメリット&デメリットへ。



例えば、同業種でのキャリアアップを目的とした転職であれば、5~6年程度の経験を積んだ上での転職がベストだと言えるケースもあります。

仕事の基礎を築き、さらに応用・発展させていくことによって成果を上げていくということを考えると、同一の企業で5~6年程度業務を経験することがスキルアップ及びキャリアアップにつながると考えられます。

しかし、未経験の分野にチャレンジしたいと考えるなら、基本的には何年目に転職したほうがいいということはありませんが、社会人としての経験が短すぎると、忍耐力のなさやビジネスマナーに対する認識の甘さなどが懸念されます。

社会人になって3~4年目で転職活動を行うのであれば、ある程度のビジネスマナーが身についていると思ってもらえることもあるでしょうが、勤続年数に応じたキャリアが身についていないと、あまり意味がなくなってしまいます。

基本的には、同業種での転職であっても異業種への転職であっても、社会人経験年数に応じた技術や知識を得ていなければ、入社して何年目であってもそれがベストな転職時期とは言えないでしょう。

もし自分が今の会社で少しも成長できていないと感じるならば、ある程度仕事での結果を残し、次の転職先で自分の成長を話せるようになった上で転職を決めるのもいいかもしれません。

転職の女神 長女 転職の女神 長女

ただし、キャリアアップが目的ではなく、職場の人間関係やトラブルなど、あなた自信の問題ではなく会社自体に問題がある場合で転職を考えているのであれば、タイミングなど関係なく早急に転職を考えたほうがいいと思います。


20代の転職のコツとポイントは?

1年を通して考えると、転職が決まりやすいタイミングというものがあります。

企業側が求人を出していないタイミングで転職活動を行った場合、どんなに転職を強く希望しても内定を獲得すること自体が難しくなることもあります。

以前より、転職の難易度というのは、月によって変動があるということは指摘されていました。
企業が求人を出すタイミングとしては、2~3月、9月が多い傾向にあります。

例えば、4月入社を見据えて転職活動を行うのであれば、2~3月の求人情報は積極的にチェックしておく必要があります。

4月入社のメリットとしては、新卒社員と一緒に研修を受けることができるといった点にあり、4月入社であると、若手の同期がいることも大きなメリットのひとつであるといえるのではないでしょうか。

入社後に、仕事の不安や心配事を話せる同期の存在というのは、非常に心強いものであると考えられます。

対して、4~8月は求人も少なく、転職が難しい月であるといわれています。
転職がスムーズに決まるよう、タイミングを押さえた上で、転職活動の準備を進めていきましょう。



転職活動を行う時に、企業研究や自己分析などは欠かせません。

また、履歴書や職務経歴書の書き方、面接などについても必要な対策を講じておくことがポイントとなります。

特に面接では、「転職する理由」については必ず問われることと考えられますから、自分なりの回答を用意しておきましょう。

面接時に聞かれる質問に対する回答については、こちらのカテゴリ転職の面接大解剖!成功のポイントでお話しています。

こちら転職活動は働きながら(在職中)?退職してから?メリット&デメリット!会社にバレる?のページも参考になるのでオススメです。

このように、20代に限らず、転職において有利な時期やタイミングとして、①求人数が多くなり、企業が積極的に採用するタイミング、②ボーナスの時期から考える転職のタイミング、③企業の受け入れ体制の違いから見るタイミング、④キャリアや年代別で見るタイミング、⑤業界・職種別で見るタイミング、⑥結婚などプライベートなケース別のベストタイミング、⑦現職になるべく迷惑をかけないタイミングなどが存在します。

これについては、こちらページ転職に有利な時期やタイミングは?何月がオススメ?ボーナスや資格取得、求人数、企業の積極採用も関係する?年代別のポイントも!で詳しくお話していますので、参考にしてください。

20代の転職求人の傾向は?キャリアアップや年収アップは見込める?

20代で転職活動を行うとき、求人に傾向は見られるのでしょうか。

まず、厚生労働省が発表した2012年3月に卒業した新規学卒者の、卒業後3年以内の離職状況について取りまとめた「新規学卒者の離職状況」によると、20代の新卒3年以内で離職率が多い業種は、宿泊業・飲食サービス業(53.2%)、生活関連サービス業・娯楽業(48.2%)、教育・学習支援業(47.6%)などが挙げられます。

宿泊業・飲食サービスに関しては就業時間が不規則であり、また場合によっては夜間勤務があるといった特徴があります。

現代はワークライフバランスの時代ですから、仕事もプライベートも共に充実させたいと考える若者が多い傾向にあります。

そういったことから、「残業がない」「土日祝日は休みたい」などといったことに、こだわりを持つ人が多いともいえるでしょう。

転職の女神 長女 転職の女神 長女

次に、20代に人気の転職先として、IT関連、外資系企業、広告関連などが挙げられます。

IT関連の企業は特に若い力を求めていますから、企業側に能力があると認められたら内定を獲得しやすいと考えられます。



また、サービス業、営業、販売業などは、未経験者であっても歓迎される場合が多い業種ですので、求人が多くある傾向にあるといえるでしょう。

20代が転職をするときにキャリアアップや年収アップが見込めるのかどうかということについては、20代のころの転職回数に応じて異なります。

もちろんこれだけが判断基準にはなりませんが、転職回数が多ければ多いほど転職成功率は低くなるといわれています。

20代の転職を成功に導きたいなら、面接において「入社後の伸びしろ」や「ヒューマンスキル」などをアピールすることが大切です。

第二新卒など20代が転職エージェントを利用するべき理由

第二新卒などの20代が転職活動をスムーズに行うためには、転職エージェントの利用がおすすめです。

20代での転職というのは珍しいことではありませんが、中には社会経験が浅いことなどからビジネスマナーが身についていないといった人がいることも事実です。

転職エージェントによっては、ビジネスマナーを身につけるための講座や研修などが用意されている場合があります。

また、転職活動を行うときに転職エージェントを利用すると、履歴書や職務経歴書などといった書類の添削や面接対策を行ってくれます。

特に20代の転職者の中には、面接を苦手とする人はたくさんいます。

模擬面接を行ったり、キャリアアドバイザーから適切なアドバイスを受けたりすることによって、実際の面接で役立つ力を身につけていくということは非常に大切なことであるといえるでしょう。



派遣 次男派遣 次男

僕も面接ってすごい苦手で…

自分に自信がないし、アピール出来るほどのものがないから、面接官への受け答えって成功した試しがない…

前なんて、面接の当日に緊張と焦りで、スーツなのに普段履いてるスニーカーで面接に行っちゃったことがあったな。

SE 長男SE 長男

緊張している時とか焦っている時こそ、いつものクセって出てしまうよね。

僕が前に受けた面接では、一緒に面接を受けていた他の人の携帯の着信音が鳴って…しかもアニメの陽気な音楽で(笑)
面接で張り詰めていた空気が、一気に凍りついたよ。

しっかりと準備を整えて面接を受けることって、大切だよね。


また、20代という若手であることから、業界や業種に詳しくないといったことが考えられます。

「自分の適性について深く考えたことがない」という人も多いですから、適性診断を受けるなどして客観的に自分の適性を分析するといったことも行ってみる必要があります。

適性が分かるとキャリアプランも立てやすくなるといったメリットもあります。

転職の女神 長女 転職の女神 長女

さらに、転職エージェントを利用すると非公開求人に応募することが可能です。

非公開求人は、一般の情報誌などには掲載されることのない求人ですから、非公開求人に応募可能であると転職活動そのものがスムーズに進みやすくなります。

20代で転職するのであれば、転職エージェントを賢く活用して長期的に安定して働くことができる企業を見つけましょう!



転職エージェントについてはこちら転職エージェントとは?使い方や手順、利用するメリット&デメリットやアドバイザーとの面談は?なぜ費用が無料なのか?へ。